156view

タイムアウトバンコクが、タイ北部の都市、チェンマイでおいしい北タイ料理を食べることができるおすすめ店を紹介。

チャルーン・スアン・エーク|Charoen Suan Eak

チェンマイ中央部に位置する小さな村の奥深くにあるこの店は、北タイ家庭料理を楽しめる店だ。ここでは、五つ星レストランのようなサービスや白いテーブルクロスは期待してはいけない。ここで得られるのは、飾り気のない地元のフードコートスタイルの料理だ。メニューはサイウア(北タイのソーセージ)やカオソーイ(カレーラーメン)といった北タイの有名料理にとどまらない。昆虫料理やモツ、生肉料理など食べるのに勇気がいるような料理もある。

そういった料理に慣れていない人は、火が通っている水牛のラープを選ぶといいだろう。地元の人は、血や坦汁を使った生のものを勧めるが、これはマックウェン(北タイの山椒)がきいたドライで、塩気のある一皿だ。もっと冒険したいのであれば、アブ・プン(ハチに幼虫のグリル)や焼いたメン・ムン(羽蟻)、ナム・プリック・ヌム(青唐辛子のソース)を付けて食べるスズメバチにチャレンジしてもいいだろう。

この店では歴史に名を残すような料理は提供していないかもしれない。しかし、味わい豊かでユニークな本物の北タイ料理を食べることができる。それは、多くの人の北タイ料理に対するイメージを180度変える機会になるだろう。

住所:37 Soi Sun Sai Ton Kok, Chiang Mai
営業時間:火〜木曜、10時30分〜22時30分

Sereechai Puttes/Time Out Bangkok

ラープ・ガイ・バン・ホン|Larb Gai Baan Hong

チェンマイでラープ(タイ風の肉を使ったサラダ)がおいしい店はどこかとを尋ねると、多くの人がこの店のようなラープ専門店を進めるだろう。店名にガイ(鶏)とあるように、ラープ・ガイ・バン・ホンが得意とするのは、鶏肉のラープ。マックウェン(北タイの山椒)が散りばめられ、たくさんの揚げたエシャロットがトッピングされている。ラープの定番である水牛のラープもおすすめだ。このラープには、胆汁が混ぜられているので鶏肉のラープより、やや苦い味わいを楽しむことができる。ラープのほかにも、北タイでよく食べられる、アブ・オン・オーン(豚の脳みそのバナナの葉包み)やフライド・プラ・ソム(発酵させた川魚の揚げ物)など料理も楽しめる。

住所:Sompoch Chiang Mai Road, Mae Rim
営業時間:月〜土曜、9時00分〜21時00分

Sereechai Puttes/Time Out Bangkok

フアン・ジャイ・ヨン|Huean Jai Yong

この店には多くの観光客が訪れているが、それでもタイを存分に感じることができる雰囲気のなか、素晴らしい北タイ料理を楽しめる。ダイニングスペースとして使われているのは、緑豊かな敷地にいくつもある木造の小屋。おすすめはローテーブルで食事が楽しめる2階席だ。メニューには、香り豊かな季節のハーブやは野菜を使った北タイ料理がずらりと並んでいる。中でも見逃せないのが、豚バラ肉を使ったゲーン・ハンレー(北タイのポークカレー)、ゲーン・ホー(肉とハーブと炒めたビーフン)、ナム・プリック・オーン(ひき肉、唐辛子、トマトなどのソース)やナム・プリック・ヌム(青唐辛子のソース)と合うサイウア(北タイのソーセージ)。どれも素朴な料理であり洗練されてはいないが、北タイ料理を体験するために、チェンマイの中心部を抜け出してこの店にやってくる価値は十分にある。

住所:64 San Kampaeng Road, San Kampaeng, Chiang Mai
営業時間:毎日 10時00分〜16時00分

Sereechai Puttes/Time Out Bangkok

関連するキーワード