163view

タイムアウトロンドンが、チェーンカフェやコワーキングスペース以外で、仕事に向いているちょっと変わった場所を紹介。

ドリンク・ショップ&ドゥー|Drink, Shop & Do

キングス・クロスにあるユニークなカフェ。明るい色彩のテーブルが置かれ、華やかなランプがつり下がっている店内には、パソコンを広げられるスポットがたくさんある。コーヒーや焼き菓子を楽しみながら仕事をして、夜になったらクリエーティビティを発揮できるワークショップに参加するのもおすすめだ。

© Daniel Gianini

ウェルカム・カフェ|Wellcome Café

ロンドンの隠れた名所といわれている博物館。巨大かつ、無料で見れる館内には、主に、科学の遺物や医療器具など奇妙なモノが展示されている。もしこの分野に興味があるのであれば、仕事に必要なものを持って訪れるといいだろう。集中するのにぴったりの広々としたカフェがある。

Photograph: Camilla Greenwell

チャクス(サーペンタイン・サックラー・ギャラリー)|Chucs at the Serpentine Sackler Gallery

ハイド・パークで仕事をしたければここへ。ザハ・ハディドがデザインしたサーペンタイン・サックラー・ギャラリー内の超クールなレストランには、仕事に使えるカフェがある。ロンドンの混雑していて、殺風景なコワーキングスペースと比べると天国のように感じるはずだ。

ガーデン・カフェ(チャールズ・ディケンズ・ミュージアム)|Garden Café at the Charles Dickens Museum

この場所の主役は、使い古したMacBook Airよりも、羽ペンとインクが好きかもしれない。だからといって、ディケンズの表現の世界を感じ取ってはいけないというわけではない。ミュージアム・カフェには、花が植えられている中庭があり、気持ちのいい空気が流れている。にぎやかなブルームズベリーに位置しているとは思えない場所だ。

Photograph: Andrew Burton

フィフス・フロア・カフェ(ハーヴェイ・ニコルズ)|Fifth Floor Café at Harvey Nichols

デパートの5階にあるスタイリッシュなカフェで、無料Wi-Fiも使える。だらだらと他人のつぶやきを眺めているだけで一日が終わらずに、生産性高く仕事ができていることをシャンパンで祝福しよう。

関連するキーワード