145view

タイムアウトロンドンが、ロンドンのおすすめジャズクラブを紹介。

ロニー・スコッツ|Ronnie Scott’s

ソーホーにある伝説的なジャズクラブ。創業は1959年。多くのアメリカのジャズミュージシャンたちが、イギリスでの初ライブをこの場所で行っている。

© Ronnie Scott's

606クラブ|606 Club

1976年にオープンしたチェルシーのジャズクラブ。本流のジャズを求め、ロンドンの多くのジャズ好きたちが夜な夜な足を運ぶヴェニューだ。

© 606 Club

ピッザ・エキスプレス・ジャズ・クラブ|Pizza Express Jazz Club

相性のいいピザとジャズのペアリングを楽しめるヴェニュー。地下にあるクラブスペースのキャパは120席。主にモダンジャズのライブを開催。ヨーロッパの中でもこのジャンルにおいてトップクラスのヴェニューとしても知られている。

ブリリアント・コーナーズ|Brilliant Corners

ダルストンにある、日本の居酒屋風料理を提供しているレストランバー。こだわりのサウンドシステムが設置されていて、ジャズのライブのほかDJイベントを頻繁に開催している。昔ながらのジャズが好きな人には向かないかしれないが、ジャズのビートを聴きながら、おいしい食事が楽しめるクールなスポットだ。

ヴォーテックス|Vortex

インプロジャズのシーンの中心的存在のヴェニュー。1991年にスタートしたマンスリーイベント、モポモソ(Mopomoso)は特に重要なイベントして知られている。インプロミュージシャンたちと、詩やポエトリーリーディング、ダンスや映画など他分野のアーティストとのコラボが行われることもある。

© Jonathan Perugia

関連するキーワード