217view

タイムアウトシドニーが、シドニーのおすすめファーマーズマーケットを紹介。

オレンジ・グローヴ・オーガニック・フード・マーケット|Orange Grove Organic Food Markets

房がついたトマトやふっくらしたさまざまなベリー、カラフルなピーマンから葉野菜まで、何でも手に入るオーガニックマーケット。名物はボーエンという店のベーコン・エッグロールサンドイッチ。ジャスティン・ビーバーがサインでもしているんじゃないかと思うほど並んでいる。毎週土曜の8〜13時に開催。

マリックヴィル・オーガニック・マーケット|Marrickville Organic Markets

オーガニックの野菜や果物のほかに、古着や本、じゅうたん、水晶、エコ商品なども売られているマーケット。なにか食べるのであれば、ブルックリン・ボーイ・ベーグルでポピーシードベーグルにスモークサーモンのクリームチーズを塗ってもらうのがおすすめ。毎週日曜の9〜15時に開催。

キャリッジワークス・ファーマーズ・マーケット|Carriageworks Farmers Market

シドニーで一番にぎわっているマーケット。わざわざ訪れてみる価値は存分にある。豊富にある季節の食材の中には、ニューサウスウェールス州全土から集まってくるオーガニックやバイオダイナミック農法で生産された農産物も含まれている。ベトナム風に一日を始めるのであれば、フォースタンドに行くといいだろう。ライスをカリフラワーに変えることができるビビンバや、平飼いの卵を売る店のベーコンエッグロールサンドイッチもおすすめだ。毎週土曜の8〜13時に開催。

ボンディ・ファーマーズ・マーケット|Bondi Farmers Markets

週末にブランチを食べるのにぴったりのマーケット。野菜や果物のほか、軽食を売る店が充実している。8年前のオープンから人気を誇る店がバー・フォー。八角のアクセントがきいた温かいスープに麺、バジル、牛肉が入っているフォーは、ベーコンと卵を使ったマーケットの定番朝食を忘れてしまうほどのおいしさだ。フリッター・ハウスやラクレット・シャックといった店もおすすめ。土曜9〜13時、日曜10〜16時に開催。

Photograph: Daniel Boud

ノースサイド・プロデュース・マーケット|Northside Produce Markets

CDB地区の外れにある駐車場されているマーケット。クリーミーなブルッタチーズ、ブラッドソーセージ、大きな在来種のトマト、塩キャラメルメレンゲ、平飼いの卵、ソーダブレッドなどを売る店が所狭しと並んでいる。毎月第1・第3土曜日の8〜12時に開催。

関連するキーワード