63view

タイムアウトニューヨークが、アッパー・ウェスト・サイドのおいしいベーグルが食べられる店を紹介。

タル・ベーグルズ|Tal Bagels

この店は、のんびりとベーグルを食べるような店ではない。落ち着いた店がいい場合は、ハイ・ストリート・オン・ハドソンやサデリーズへ行くといいだろう。ただ、昔かたぎのニューヨーカーたちは、この店でベーグルやビアリーを買って、店のカウンターや公園のベンチで食べるのが一番だということを知っている。近くの自然史博物館を訪れた帰りに寄るのがおすすめ。

アブソルート・ベーグルズ|Absolute Bagels

ここ数年、アッパー・ウェスト・サイドで人気のベーグル店。ほかのエリアに住む人にはまだあまり知られてない、隠れた名店といえるだろう。完璧な形をしているベーグルは毎日作りたてを提供している。クリームチーズ(ブルーベリー、ドライトマト、クルミレーズン)、デリミート、サラダ、スモークフィッシュなどが、トッピングの種類は豊富。しかし、ベーグルに何も付けないでちぎって食べても十分おいしい。

Photograph: Filip Wolak

ゼイバーズ|Zabar’s

ニューヨークを代表するデリカテッセンの一つ。1934年、ウクライナからの移民であるルイス・ゼイバーの薫製魚を売ったのが店の始まり。現在は、広大な店舗面積を誇るグルメのメッカとして知られている。扱っているのは、コーシャーフード、コーヒー、調理器具、チーズなど。もちろん、伝統のレシピに基づいた麦芽を使ったベーグルもある。

Photograph: Filip Wolak

関連するキーワード