764view

タイムアウトシンガポールが、シンガポールでよく食べられる朝食メニューを紹介。

マサラ・ドーサ|Masala dosa

クレープを丸めたようなインド発祥の料理。ボリュームがあってしかもヘルシーだ。米やウラドダルで作られた生地は薄く、パリパリに焼かれている。中にはジャガイモをメインとした具が入っている。シンガポールのインド・コミュニティーにおける定番の朝食で、チャトニーやサンバルが含まれたセットで出されるのが普通。価格が安いのも魅力だ。

ミーレブス|Mee rebus

どちらかといえば、シンガポール人は朝食に炭水化物をたくさん取るのが大好きだ。ミーレブスは、サツマイモなどが入ったカレーのようなソースをかけた黄色い麺の料理。ゆで卵や青唐辛子、マレー式のコロッケ、そして、サンボルがトッピングされるのが普通。満腹になれる料理だ。さらに満足度を高めるためにリブやサティをトッピングする人もいる。朝食以外で食べられることも多い人気料理。

キャロット・ケーキ|Carrot cake

一日中提供されるていることが多いが、特に朝食に好んで食べられる料理。キャロット・ケーキといってもスイーツではない。大根餅を厚めの角切りにして、卵、漬け物などと炒めたもの。濃口しょうゆを加えると「黒」のキャロット・ケーキになる。料理名にキャロットとあるのは、シンガポールで大根がホワイト・キャロットと呼ばれるため。

カヤトーストとコーヒー|Kaya toast and coffee

カヤトーストはトーストした薄い食パンにカヤジャムとバターを塗ったもの。シンプルすぎると思うかもしれないが、これがシンガポールの典型的な朝食メニューの一つだ。パンを炭火で焼く店もある。バターを落としたブラックコーヒーと一緒に注文するのが定番。

ロティ・パラタ|Roti prata

Photo: Ahmad Iskandar Photography

関連するキーワード