119view

タイムアウトニューヨークが、ウエスト・ビレッジやトライベッカのおいしいベーグルが食べられる店を紹介。

マリーズ・ベーグル|Murray’s Bagels

ウェスト・ヴィレッジにあるベーグル店。メリルリンチのヴァイスプレジデントだったアダム・ポメランツが1996年にオープンした。ポピーシード、シナモンレーズン、ゴマを含む15種類のとてもおいしいベーグルがラインナップされている。行列になることもあるが、店側のテキパキとした対応のおかげで進みは早い。

Photograph: Laura Gallant

ザッカーズ・ベーグル|Zucker’s Bagels

このトライベッカのベーグル店では、1994年のオープン以来、生地を手捏ねしてゆでることにこだわりベーグルを作り続けている。ベーグルは11種類が並ぶ。薫製と酢漬けの魚はアクメ製のものが18種類、クリームチーズが豆腐ベースのものも含め16種類あるので、さまざまな具材の組み合わせでサンドイッチをオーダーすることができる。アッパーウエストサイドやグランドセントラル駅にも店舗がある。

Photograph: Caroline Voagen Nelson

ハイストリート・オン・ハドソン|High Street on Hudson

ウェスト・ヴィレッジにあるレストラン。この店でパンを焼くのはかつてサデルスにいたメリッサ・ウェラー。チョークのように固く白く、つまらないディナーロールを出してくる店も多いが、ここでは、その真逆のおいしいベーグルが味わえる。

関連するキーワード