203view

タイムアウトインドが、インド旅行で訪れたいおすすめの街を紹介。

デリー|Delhi

インドの首都。美しいが、時にパワフルな雰囲気に圧倒されてしまうこともある場所だ。まるでインド全体を凝縮したような街で、多様な食、工芸、文化に触れられる。一方、歴史的建造物や博物館が収集していることや静かな時間を過ごせる緑地が多いことは、デリーならではの魅力といえるだろう。熱気あふれるオールド・デリーは、狭い路地が集まる迷宮のようで、マーケットでの買い物やストリートフードを食べるのが楽しい。ムガル時代の壮大な建造物である「赤い砦」とジャマ・マスジドは本当に目を見張るものがある。ニューデリーでは、カーン・マーケットのようなトレンディーなショッピングや食事のスポットと、墓が点在するロジー・ガーデンのような歴史的価値の高いスポットが共存している。

Image by Suanlian Tangpua from Pixabay

コチ|Kochi

緑豊かなケララ州の玄関口として知られている街。数日滞在してコチのさまざまな歴史的な遺産を見て回るのが多くの人の定番だ。港町であるコチは、何世紀もの間、オランダ人、イギリス人、ポルトガル人に支配され、スパイス貿易の中心地として栄えた歴史を持つ。スパイス・ショップ、アート・カフェ、ヨーロッパの教会、中国の漁網で有名なフォート・コチを歩きながらこの街の豊かな文化に触れよう。アーユルヴェーダ・マッサージやアッパム(パンケーキの一種)に夢中になったり、ヤシの木が立ち並ぶバックウォーターでハウスボートに乗るのも楽しい。

Photograph: Shinu Scaria / Wikimedia Commons

ジャイプール|Jaipur

ピンク・シティとも呼ばれることが多い街。その愛称は、壮大なシティ・パレスやハワー・マハルなどに代表されるように、旧市街にある建物がサーモンピンク色であることが多いことに由来する。この街で欠かせないのがジョハリ・バザールやバープー・バザールなど活気に満ちたマーケットでのショッピング。ブロックプリントの綿織物、まばゆいばかりのししゅう入りベッドカバー、革張りの履き物など、カラフルなアイテムがそろう。ジャイプールには、ムガール帝国の遺産が数多く残る。アーメールやナハーガーといった丘の上の素晴らしい要塞や宮殿ホテルを訪れれば、かつての繁栄の歴史を感じることができるだろう。

ゴア|Goa

活気あふれるビーチやバーが多く、おいしいシーフードも楽しめるゴアは、アラビア海沿いのヤシの木が並ぶ街。インドで休暇を満喫するのにぴったりだ。バゲーターやアンジュナなどの人気ビーチでは、カジュアルなビーチハウスやおしゃれなリゾート、フリーマーケット、華やかなナイトスポットで楽しい時間を過ごすことができる。1970年代からゴアは世界中からヒッピーが多く集まる街として人気だが、今は洗練された観光地になっている。フォンテインハス地区の植民地時代の建築群やマングローブが広がり、バードウォッチングも楽しめるサリム・アリ鳥類保護区などが見どころだ。

マディヤ・プラデーシュ|Madhya Pradesh

インドのちょうど中心に位置する州。州内の深い森林には、珍しいベンガルトラ、野生の象、ナマケグマ、そしてほかの多くの絶滅危惧種が生息していて、カナ、バンドゥーガル、サトプラ、ペンチなどの国立公園や保護区も多い。また、『ジャングル・ブック』 の舞台としても知られている。心地よいロッジでの滞在やガイド付きのサファリツアーへの参加は、魅惑的なインドの野生動物をさらに深く知るきっかけになるだろう。

関連するキーワード