515view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスにある自然を感じることのできるおすすめ公園を紹介。

グリフィス・パーク|Griffith Park

この起伏の多い公園を覆う、自然の低木の茂みや周りと調和するように整備された小道を歩いていると、自分が大都会にいることを簡単に忘れてしまうだろう。しかし、有名なグリフィス天文台の展望台に上り、太平洋までつながるロサンゼルス盆地の景色を見ると、ロサンゼルスにいる実感が再び湧いてくるはずだ。自然豊かで、無数の見どころもあるグリフィス・パークは、誰でも楽しむできることができる。

ブロンソン渓谷の洞窟やアマーズ・ガーデンは、勇敢なハイカーにおすすめ。ただ気軽に週末を楽しみたいというだけであれば、日陰の緑豊かな通路を通ってファーン・デリへ行くか、クリスタル・スプリングスでピクニックでもするのがいいだろう。子ども連れであれば、トラベル・タウンでミニ蒸気機関車に乗ったり、動物園跡のもう使われなくなったおりの探検が楽しめる。ポップカルチャー好きであれば伝説的なグリークシアターでのライブやウォルト・ディズニーが作った鉄道模型の展示施設であるウォルトズ・バーンは見逃せない。

Photograph: Jakob N. Layman

ケネス・ハーン州立保養地|Kenneth Hahn State Recreation Area

カルバー・シティ近くにある公園。ロサンゼルスで公園というと、見どころが多いグリフィス・パークばかりが注目を集めるが、このケネス・ハーン州立保養地も、大きさと地形については負けていない。ハス池、釣り堀、サンド・バレーボールのコートのほか、7マイル(約11キロ)にもおよぶトレイルコースが人気。ボールドウィン・ヒルズを通るこのコースは、サウスベイや太平洋からダウンタウンやサン・ガブリエル山地まで、ロサンゼルス盆地の美しい景色を楽しむことができるのが魅力だ。

By User:Jengod - Own work by the original uploader, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=52510730

ロサンゼルス州立歴史公園|Los Angeles State Historic Park

チャイナタウンのすぐ横に位置するこの広大な公園からは、素晴らしいダウンタウンの景色を見ることができる。約3年間行われ、2017年に完了した改修で干ばつに強い公園となり、見晴らしのよい橋やオレンジの森も作られた。クラフトフェアや小規模な音楽イベントなどの会場としても使われている。近隣にレストランやバーが増え始めたのも、この公園の魅力が増したからかもしれない。

Photograph: Courtesy CA State Parks

エル・ドラド・ネイチャー・センター・アンド・リージョナル・パーク|El Dorado Nature Center and Regional Park

ロングビーチにある広大な公園。園内にある動植物の保護区であるネイチャーセンターは、単調になりがちな都会での日々から抜け出すのにぴったりの場所だ。まずはビジターセンターを訪れよう。ここから2つの湖、小川、森林を通るトレイルコースがスタートする。長さは、未舗装と舗装の道を合わせて、約2.25マイル(約3.4キロ)だ。公園の西側にはスポーツ競技場やゴルフコースがあり、東側には釣り堀、遊び場、アーチェリー場がある。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/

関連するキーワード