274view

タイムアウトニューヨークが、仕事におすすめのロビーがあるニューヨークのホテルを紹介。

エース・ホテル・ニューヨーク|Ace Hotel New York

エースは、ホテルで仕事をすることをクールなことに昇華させた存在だろう。実際、長いテーブルやスウェード素材や格子じまの椅子が置かれたロビーはコワーキングスペースのようで、フリーランス、旅行者、学生、起業家たちが集まっている。銀色に輝くアップルのノートパソコンを広げた人たちだらけになる日もあるぐらいだ。無料で使えるWi-Fiに加えて、いつ行っても飲食の選択肢が素晴らしいのも魅力。朝はスタンプタウンのコーヒー、昼はナンバーセブンのサンドイッチ、夜はホテル内のバーであるブレスリンのドリンクや食事(ラムバーガーがおすすめ)が楽しめる。

Photograph: Courtesy Eric Laignel

ボロー・ホテル|Boro Hotel

ロング・アイランド・シティで最も仕事に適しているホテルのロビーがあるのはボロー・ホテルだろう。エレガントでインダストリアルな空間は、自然光がたっぷり入り、テーブルや椅子、モダンなソファーが置かれている。書棚に並んでいる本を選んでいるのは、ユニオン・スクエアの名店ストランド・ブックスだ。デザインは、ホテル・オン・リヴィングトンの仕事で知られるグジヴィンスキー・アンド・ポンズが手がけた。Wi-Fiはもちろん無料。宿泊客でなくても、カフェのコーヒー、もしくはロビー・バーでドリンクをオーダーすれば気兼ねなく利用できる。月〜金曜の4〜7時はハッピーアワーになる。

シチズンエム・ニューヨーク|citizenM New York

アムステルダムを拠点とするホテルチェーン。観光客や地元の人が仕事をしているロビーは、さまざまな要素を盛り込んでデザインが印象的。とても高い天井まで届く本棚があり、ヴィトラのモダンな家具やジュリアン・オピーのアート作品が置かれている。ホテルには、24時間営業のカフェ、キャンティーンエムがあり、コーヒー、カクテル、朝食、軽食が楽しめる。

Photograph: Adrian Gaut

ザ・ノマド・ホテル|The NoMad Hotel

厳密にいうとロビーではないが、このホテルにもネットにつながり、仕事ができるスペースがある。それは、レストランの奥にあるライブラリー。黒い書棚には本が並び、革張りのソファーや椅子が置かれている。フロアは2つあり、フランス製のらせん階段それぞれ空間を結んでいる。コーヒーやカクテルを飲みながら、集中して作業したり、本を読んだりするのに最適。

Photograph: Daniel Krieger

ザ・ルドロウ|The Ludlow

ローワー・イースト・サイドにあるこのホテルのロビーは公共の居間のようだ。壁の真ん中には石灰岩の暖炉があり、周りにはぜいたくな革のカウチがいくつも置かれている。誰でも無料Wi-Fiを使いながら、通年営業しているガーデンバーやロビーバーのカクテルなどを楽しむことができる。食事は、ホテル内のレストラン、ダーティー・フレンチのメニューからオーダー可能。ツナ・タルタル、サラダ、ハンバーガーなどがおすすめだ。

Photograph: Courtesy Annie Schlecter

関連するキーワード