238view

タイムアウトメルボルンが、メルボルンでトリュフハンティングが楽しめるおすすめトリュフ農場を紹介。

トリュフ・パドック(グラントヴィル)|Truffle Paddock, Grantville

ビクトリア州の田舎街、グランビルにあるトリュフ農場。フランス原産の黒い冬トリュフ、イタリア原産の白いビアンケットトリュフを栽培している。通常、地下で栽培されているトリュフの収穫は、鋭い嗅覚を持つトリュフ豚やトリュフ犬の助けを借りて行う。約600本のトリュフの木があるこの農場で宝探しに協力してくれるのは、トリュフ犬のスパイスとアローだ。彼らと経験豊富なトリュフ生産者と一緒に農場を回る6人1組のトリュフ収穫ツアーに参加し、魅惑のトリュフ探しにチャレンジしよう。収穫前はコーヒーとハニートースト、収穫後はトリュフを散らしたスクランブルエッグとシャンパン1杯がサービスされる。トリュフ収穫ツアーは、7月と8月の日曜に開催。2019年のツアーは完売となっている。

Photograph: Supplied

ザ・トリュフ・ハウス(ジャンバナ)|The Truffle House, Jumbunna

ジャンバナにあるトリュフ農場。トリュフ犬のスパイスとアローは、ここでもよく収穫の手伝いをしている。彼らと一緒に農場を回れるトリュフの収穫ツアーは、7月と8月の日曜に開催。トリュフの生産者からはトリュフについての詳しい説明も聞くことができる。また、トリュフを使った料理やワインも提供される。

Photograph: Supplied

ブラック・キャット・トリュフ(ワットル・フラット)|Black Cat Truffles, Wattle Flat

バララット近くにあるトリュフ農場。栽培されてる約1000本のトリュフの木を回りトリュフ探しをアシストしてくれるのは、トリュフ犬のハリーとナーラだ。収穫体験ができるツアーの開催は、6〜8月の週末。ツアーは朝10時にスタートする。かわいい犬たちとトリュフを探した後は、収穫したトリュフを使った6皿のテイスティングコース料理とシャンパンが楽しめる。紅茶やコーヒーのサービスがあるのもうれしい。

Photograph: Giulia Morlando

関連するキーワード