608view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスの海沿いの街、サンタモニカで1日を過ごすおすすめのルートを紹介。

一日のスタートは、ビーチからワンブロックにある店、リトル・ルビー(Little Ruby)で始めよう。爽やかな海風を感じながら、オーストラリアスタイルの朝食を食べることができる。スイートコーンのフリッターか、アボカドトーストがおすすめ。朝食の後は、海沿いにあるパリセーズ・パークを歩くといいだろう。緑あふれるこの公園からは、絵葉書になりそうなぐらい美しい海と山の景色も見ることができる。しばらく散歩を楽しんだら朝食を食べたリトル・ルビーの方へ戻り、オーシャン・アヴェニューにある高齢者センターへ立ち寄ろう。ここには、1898年製のサンタモニカ・カメラ・オブスキュラ(Santa Monica Camera Obscura)という装置が展示されていて、カメラにおける光の働きを体感するこができる。

午後

もし水曜と土曜にサンタモニカにいるのなら、ランチの前に、サンタモニカ・ファーマーズ・マーケット(Santa Monica Farmers Market)に立ち寄ってみよう。地元で作られた新鮮な野菜や果物などが並ぶ、素晴らしいマーケットだ。ランチは、ベイ・シティーズ(Bay Cities)というイタリアン・デリで、テイクアウトするのがいいだろう。オンラインで事前にオーダーしておくか、デリカウンターの上にあるカゴに入っているサンドイッチを買えば、列を避けることができる。おすすめは、サクサクで噛みごたえのあるパンの間にハムやチーズが挟まれたゴッドマザーサンド。ランチが買えたら、トングバ・パーク(Tongva Park)へ向かいピクニックを楽しもう。公園内には、幾何学的な作風の彫刻が点在している。

Photograph: Courtesy Dane Deaner

Photograph: Jakob N. Layman

夕食前の一杯は、トングバ・パークの南東にあるシェ・ジェイ(Chez Jay)で楽しもう。ここは、60年前から営業しているレストランバー。赤白チェック柄のテーブルクロスがレトロだ。ハッピーアワーの時間帯に、たくさん注がれた上質なラムでサンタモニカの夜に乾杯するのがベストだ。夕食は、少し東へ移動したところにあるメインストリートで食べるのがいいだろう。カフェやレストランが多くある、サンタモニカで最もチャーミングなエリアだ。なかでもおすすめは、道沿いに木が並ぶポリスター・アヴェニューを過ぎた辺りにあるリトル・プリンス(Little Prince)という店。ファーマーズマーケットで仕入れた新鮮な食材を使ったまき火で調理した料理やデザートが味わえる。ナチュラルワインも豊富にそろえている。

関連するキーワード