510view

タイムアウトロンドンが、ショーディッチ地区のおすすめルーフトップバーを紹介。

エイヴィエリー|Aviary

10階建ての建物屋上にあるルーフトップバー。ゆったりとしたスペースで景色も楽しめるので、シティ地区で働く人たちに人気だ。寒い日はブランケットで温まるか、屋内のレストラン部分に陣取るのがいいだろう。

バウンダリー・ルーフトップ|Boundary Rooftop

おしゃれなルーフトップバー。ガラス張りのスペースもあるので、寒い日でも楽しめる。天気の良い日には太陽を浴びながら、優雅にアペロールスプリッツ、ソルティッド・キャラメル・ジュレップなどユニークなカクテルを楽しもう。

Rob Greig / Time Out

クイーン・オブ・ホクストン|Queen of Hoxton

クイーン・オブ・ホクストンというバークラブの屋上のルーフトップスペース。下の階は夜の時間帯は夜にも盛り上がるが、屋上へは、天気の良い週末昼間などに訪れるのがおすすめ。シーズンごとにテーマを変えて営業している。2019年夏のテーマは、メキシコだ。

ゴールデン・ビー|Golden Bee

イビザの雰囲気を感じるルーフトップバー。ヤシの木や籐(とう)の家具が置かれているスペースでは、多くの客が思い思いの時間を過ごしている。鳴り響いているのは、DJがプレイしているハウスのヒット曲だ。開店時間の17時からスタートするハッピーアワー(月〜木曜のみ)に訪れて、カクテルやビールを安く飲むのがおすすめ。

関連するキーワード