563view

タイムアウトロンドンが、屋外での泳ぎを楽しめるロンドンのプールや湖を紹介。

ハムステッド・ヒース・スイミング・ポンズ|Hampstead Heath Swimming Ponds

元はダムでせき止められていた粘土採掘場だったが、今は、泳げるようになっている。プールは、女性向けと男性向け、ミックス(性別を問わない)の3つに分かれている。女性向け、男性向けプールは、年中オープンしているが、ミックスは冬期のみで、ここで泳ぐにはハムステッド・ヒース・ウィンター・スイミングクラブへの入会が必要だ。またこの場所は夏でも水が冷たいので、それも、注意したほうがいいだろう。

オアシス・スポーツ・センター|Oasis Sports Centre

カムデンにある、長さ27.5メートルの屋外プール。初めてこのプールがあることを知った人は、きっと驚くだろう。屋外で、温水も対応していて、テラスもある。横には、屋内プールも併設されている。他人には秘密にしていたいと思うほどの施設だ。夏の気温が高い週末などは混雑して、泳ぐのが難しい日もある。そういうときは、水を浴びて涼みに行くぐらいの目的で訪れるのがいいだろう。

トゥーティング・ベック・リド|Tooting Bec Lido

広いプールや色とりどりの着替え小屋は、ここが水浴びのための湖としてオープンした1906年から、地元の人に愛され続けてきた。プールの長さは、90メートル以上。淡水の屋外プールとしては、イギリス最大の大きさだ。冬も泳ぐことはできるが、この湖と同じぐらい歴史を誇る、由緒正しいサウス・ロンドン・スイミングクラブのメンバーになる必要がある。子ども用の浅いプール、カフェ、貴重品を預けるロッカーなどの施設がある。

ロンドン・フィールズ・リド|London Fields Lido

ハックニーにある屋外プール。一時期は、取り壊し計画もあったが、ロンドン・フィールズ・ユーザー・グループが、粘り強く活動したおかげで、存続が決定。2006年に再オープンした。2017年に、9ヶ月間にも及ぶ改修を行い、今は、きれいな施設になっている。年中オープンしていて、温水にも対応している。とても人気で、ピークの季節はより多くの人が泳ぎを楽しめるよう、ランチタイムを挟んで利用時間帯が区切られる。

サーペンタイン・リド|Serpentine Lido

サーペンタイン湖の一部を区切ったプール。早朝と冬期は、サーペインタイン・スイミング・クラブのメンバー専用となるが、6〜9月は、誰でも泳ぐことができる。5月は、週末とバンクホリデーのみオープンする。温水ではなく、塩素消毒もされてないが、アヒルや白鳥と一緒に泳ぐのが楽しいと感じるだろう。家族向けに区切られた浅いプールやプレイエリア、日光浴用の折りたたみ椅子のレンタルも行なっている。

関連するキーワード