727view

タイムアウトシンガポールが、シンガポールで3月から販売が始まったインポッシブル・バーガー(植物由来の代替肉)のおすすめアレンジメニューを紹介。

インポッシブル・パティ・メルト|Impossible Patty Melt

パーク・ベンチ・デリ|Park Bench Deli

シンガポールの人たちが好きなサンドイッチショップも、植物原料のパティを導入している。インポッシブル・パティ・メルトは、ライ麦パンの間に、インポッシブル・バーガー、キャラメル色になるまで炒めた玉ねぎ、アメリカン・チェダーチーズ、ディルピクルス、店オリジナルの特製ソースを挟んだメニューだ。通常の肉を使ってないのに、ジューシーで満足感もある。

ザ・インポッシブル・ドリーム|The Impossible Dream

ポテト・ヘッド・シンガポール|Potato Head Singapore

流行りの植物原料のパティを使って、バーガーを作るのは、そう難しくない。しかし、ポテト・ヘッドのシェフたちは、持ち前の力を発揮し、美味しいメニューに仕立てるのに成功している。インポッシブル製のパティをグリルして、タマネギ・マーマレード、エアルーム・トマトのスライス、XO醤マヨネーズをトーストしたブリオッシュに挟んだものが、このザ・インポッシブル・ドリームというサンドイッチだ。頬張ると口の中に広がる、豊かな味わいがたまらない。

キーマ・バオ| Kheema Bao

ラン・マハール|Rang Mahal

高級インド料理の専門店である同店では、人気メニューのキーマ・バオ(キーマカレーとパン)に、インポッシブル・バーガーを取り入れている。植物原料の肉に、多彩な可能性があることを感じさせるメニューだ。

関連するキーワード