530view

タイムアウトニューヨークが、ロウアー・イースト・サイド地区のおすすめ朝食スポットを紹介。

ラス・アンド・ドーターズ|Russ & Daughters

1914年から、スモークサーモンやニシンなどを使ったデリメニューを提供している店。ホースラディッシュ・ディル・クリームチーズ、ワサビ味のトビコ、白身魚のサラダを挟んだベーグルサンドイッチ、スーパー・ヒーブスターは、名前はいまいちだが、味の調和は素晴らしい。朝食には、定番のスモークサーモンのベーグルサンドがおすすめ。

ディメス|Dimes

南カリフォルニアの雰囲気を感じられるカフェ。日本、南アメリカ、地中海の影響を受けている料理を提供している。朝食では、トーストを中心としたメニューを楽しめる。おすすめは、ラブ・トースト(自家製タヒーニ、ラズベリー、ミント、ハチミツ)、エンチノ・マン(スイート・ポテト、ザター、ベーコン、エンダイブ、目玉焼き、アルファルファ)、ウエボ・カトマンドゥー(スパイス風味のひよこ豆、目玉焼き、 デーツのレリッシュ、ホウレンソウ、グリーン・チャツネ、コーン・トルティーヤ)だ。

クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニー|Clinton St Baking Company

季節の素材を使ったマフィンやブルックリン・アイスクリーム・ファクトリーのアイスが楽しめるベーカリー・カフェ。朝食には、温かいメープル・バターが添えられたパンケーキがおすすめ。トッピングは、ブルーベリー、バナナとくるみ、チョコレート・チャンクから選べる。この店は、ベビーカーに優しいのも嬉しい。

Photograph: Courtesy Clinton St Baking Co

関連するキーワード