333view

タイムアウトボストンが、ボストンのおすすめルーフトップバーを紹介。

ルーフトップ・アット・リザーブ|Rooftop@Revere

シアター・ディストリクトにあるリザーブ・ホテルのルーフトップバー。シカゴのルーフトップバーの中で、とても活気がある場所のひとつだ。7階に位置するこの場所からは、ボストンの街が一望できる。この場にいる人は、客でもスタッフでもみんながスタイリッシュ。ドリンクはトロピカルな雰囲気のものが中心で、軽食もあり、複数でシェアできるメニューになっている。予約制のカウチでのんびりしたり、ガラス張りの屋内プールのそばでリラックスするのがおすすめだ。ルーフトップへの一日入場券を買いたくない場合、17時以降に行くといいだろう。その時間以降であれば、誰でも無料で入ることができる。

リーガル・ハーバーサイド|Legal Harborside

ボストンを訪れている人に、この街の活気のあるエリア地区を案内したい場合は、リーガル・ハーバーサイドの屋上デッキへ行くといいだろう。ここにあるのは、よく屋外にあるようなありふれた椅子ではなく、豪華なラウンジシートだ。景色はもちろん素晴らしい。豊富なリストに並ぶワインと、シーフードを中心とした料理を堪能しよう。 迷ったら、スパークリング・ロゼとカキを組み合わせてみるといいだろう。

Photograph: Courtesy Legal Harborside/Chip Nestor

ルックアウト・ルーフトップ・アンド・バー|Lookout Rooftop and Bar

シーポートにあるエンボリー・ホテルのルーフトップバー。8階建ての建物の屋上は広く快適で、スタイリッシュなラウンジ席で高級なカクテルを楽しむことができる。景色と夕日を見るためだけでも、並ぶ価値はある。オフィスワーカーの仕事が終わる時間と、近くのブルー・ヒルズ・バンク・パヴィリオンでコンサートの開演前は、行列ができることが多い。

コロネイド・ホテル|Colonnade Hotel

バック・ベイにあるホテル。ここのルーフトップバーは、ボストンの人気の場所のひとつ。12階にあるプールデッキは、長年にわたり何度も改良されてきた。夏にはホテルの宿泊客と、地元の流行りに敏感な人達が大勢集まる。彼らと同じように、フローズン・カクテルと一緒に、メカジキのタコスやロブスターロールを注文するのがいいだろう。リラックスするのにぴったりなプライベート・カバナスもある。ルーフトップバーは、週末はホテルの宿泊客限定となる。平日は、ホテルに宿泊していなくても、無料で入ることができる。

Photograph: Courtesy The Colonnade

ヨテル・ボストン|YOTEL Boston

シーポート地区に位置しているヨーテル・ボストンには、1年を通じてオープンしているルーフトップ・テラスがあり、ボストンの街の眺めを楽しむことができる。冬の間は、ヒーター、豪華な毛布、そして紫の湯たんぽのおかげで、スキーリゾートにいるような気分に浸ることができる。暖かい季節になると、テラスは、日光を求める地元の人達でいっぱいになる。フードやドリンクは上質で、スタッフはフレンドリーだ。

関連するキーワード