999view

タイムアウト香港が、MTR尖沙咀駅周辺のおすすめスポットを紹介。

カフェ・アンド・パンケーキ・グラム|Cafe & Pancake Gram

尖沙咀の街歩きは、まずは食べることから。ものすごくふわふわなスフレパンケーキの店、グラムから始めよう。名物は、オーダー毎に作られるプレミアム・パンケーキ。1枚4センチのパンケーキが3枚も重ねられていて、メープルシロップ、カスタード、フレッシュクリームが添えられている。注文は、11時、15時、18時からのみ可能で、一日の個数は限定されている。確実に食べたい場合は、これらの時間にわせて行くほうがいいだろう。出口B1を出て、ネイザン・ロードを北へ行った、ザ・ワンというモールの中にある。

ローディング・ストア|Loading Store

尖沙咀には、有名ブランドのショップや旗艦店がたくさんある、しかし、自分の服装に個性を出したいのであれば、この店に行くといいだろう。メンズのセレクトショップで、スケーター系アイテム、おしゃれな帽子、カジュアルだけれどファションアイテムとしても履けるスニーカーなどを販売している。取り扱っているのは、ビリーフ、リップンディップ、ミシュカといったアメリカのブランド。珍しいところでは、南アフリカのブランドのアイテムもある。出口B1を出て、グランドヴィル・ロードを右折して少し行ったところにある。

リトル・ドット・ヴィンテージ・ショップ|Little Dot Vintage Shop

この店の窓に点滅する、ピンクのネオンを見逃すのは難しいだろう。店に足を踏み入れた瞬間、鮮やかな赤色の壁とカラフルでレトロな商品が、目に飛び込んでくる。この店では、主に、1950年代から80年代の古着や古雑貨をを販売している。靴や帽子、アクセサリー、懐かしいおもちゃもある。ローディング・ストアのすぐそば。

カイバル・パス|khyber Pass

チョンキン・マンションの中にあるインド料理店。同建物内で、食物環境衛生署からの許可を得て営業している数少ないレストランのうちの一つ。素晴らしく美味しくて、素晴らしく安い。味気ない空間での単調な接客は、全く魅力的ではないが、この店の本物のカレーのためだけに訪れる価値は十分ある。ガーリック・ナンはマストだ。肉のカレー、野菜のカレーのどちらともに相性は抜群。チョンキン・マンションは、出口Eを出て、大通りを渡ったところにある。

ヴィア・トーキョー|Via Tokyo

尖沙咀の街歩きの締めはデザートだ。しかし、週末は行列になっているので、避けた方が良いかもしれない。この店の名物は、日本式のソフトクリーム。フレーバーは、抹茶、北海道ミルク、季節のお茶などがある。尖沙咀限定で、かき氷があるのも嬉しい。かき氷のおすすめは、ムース状の抹茶やほうじ茶をトッピングしたメニュー。間違いなく、香港の冷たいデザートでは、1位、2位を競う美味しさだ。出口B2を出たところにあるカメロン・ロードを、チャタム・ロード方面に少し歩くとある。

関連するキーワード