395view

タイムアウトロンドンが、ペルー発の人気カクテル、ピスコ・サワーが美味しいソーホーのバーを紹介。

カシータ・アンディーナ|Casita Andina

こじんまりとしていて可愛らしい店。入っている建物は、ロンドンらしいジョージ王朝時代のものだが、店内は完全にペルーだ。バーでは、正統派のピスコ・サワーが楽しめる。使っているのは、ライム、ケブランタのピスコ、ペルー産ビターズ。ほかにも、ペルー風オールドファッションドなど、ピスコを使った9種類のカクテルがある。

チョット・マッテ|Chotto Matte

この店のカクテルメニューは、「東京からリマまで」と題され、食事メニューと同じように様々な文化から影響を受けた内容になっている。しかし、純粋なペルースタイルのドリンクを楽しみたいのであれば、ピスコのセクションを見るといいだろう。マチュー・ピスコを使ったサワーがあるはずだ。ほかにも、ピスコ・ピーチやピスコ・ピカンテ(辛味のあるカクテル)といったカクテルもある。

セニョール・セビーチェ|Señor Ceviche

このカッコいいセビチェ・レストランでは、3種類(クラシカル、トロピカル、フルーティー)のピスコ・サワー(9ポンド/約1,300円)が楽しめる。メニューには、ピスコ・サワーと並んでペルーで人気のカクテル、チルカノもある。色々なピスコを飲んでみたければ、ピスコ・パワー・アワー(月曜日から木曜日の17時から18時半まで)の時間帯に足を運んでみるといいだろう。3種類のピスコ・サワーがそれぞれ、5ポンド(約724円)で楽しめる。

関連するキーワード