324view

タイムアウトロンドンが、ロンドンのおすすめ高級ホテルを紹介。

シャングリ・ラ・ホテル・アット・ザ・シャード|Shangri-La Hotel at The Shard

ロンドンで最も素晴らしい眺望が見られる場所に泊まりたいなら、ヨーロッパの西側で最も高いビル、ザ・シャードの34階から52階に入っているこのホテルを選ぶといいだろう。晴れた日には、街のほぼ全域を見渡すことができる(ただし、最も安価な南側の部屋からは、眺めが期待できないので注意)。客室の窓は、床から天井まであり、部屋が丸見えになってしまうほど大きい。恥ずかしければ、ブラインドもあるので大丈夫だ。インテリアは、大理石、シルクなどを使った華やかなアジアン・スタイルで、現代的でおしゃれな雰囲気。景色を売りにしているホテルらしく、各部屋には双眼鏡が置かれている。

クラリッジズ|Claridge’s

クラリッジズはメイフェアにある高級ホテルで、アールデコとビクトリア朝様式が融合したデザインが特徴。昔からセレブの御用達ホテルとして知られている。ロビーには、かつての宿泊客たちの写真が飾られており、その中には、ウィンストン・チャーチルの姿も見られる。サイモン・ローガンが作ったミシュランの星付きレストランであるフェラは、いつも混んでいる。。今は、サイモンの弟子であるマット・スターリングが切り盛りしている。落ち着いた雰囲気のバーでは、セレブがお忍びで飲んでいることもある。部屋は豪華なインテリアで、トイレまでもアールデコだ。もし部屋代を奮発できるなら、素晴らしいデイヴィッド・リンレイ・スイートを予約するといいだろう。

ザ・ネッド|The Ned

ザ・ネッドについてまず知るべきことは、ここは、高級ホテルとメンバーズ・クラブの運営で知られるソーホー・ハウスが手がけたホテルということだ。建物は、シティ地区にある元銀行で、200万英ポンド(約2億8000万円)をかけてリノベーションされた。8店あるレストランうちのひとつで使われている大理石のテーブルから、ルーフトップ・プール(プールはもう1つある)や、四柱式ベッドがあるヘリテージ・ルームに施されているフレンチ・ポリッシュされたクルミの羽目板など、ホテル内のあらゆるものが豪華だ。一方で、15店あるバーのうちのひとつであるルーフトップバーをはじめ、ソーホー・ハウスの会員でなければ使えない設備もあるので、事前に調べておくといいだろう。しかし、誰でも入れる、グランド・フロアのバーでも十分楽しめる。

ランガム・ホテル|Langham Hotel

メリルボーンにある控えめで、感じのよいホテル。すぐ近くにBBCの本社があるので、多くのセレブに利用されている。いつの時代にも通じる雰囲気、最上のサービスが魅力。アフタヌーンティーが楽しめるアールデコのパーム・コート、カクテルバーや中国をイメージしたスパなど、ホテル内には人を引きつける施設がいくつもある。グルメであれば、2018年4月に再オープンしたルー・アット・ザ・ランダウには、ワクワクするはずだ。客室のインテリアは、典型的なブリティッシュ・スタイルで統一されている。

ザ・ドーチェスター|The Dorchester

高級ホテルが位置するパークレーンの魅力を体現しているようなザ・ドーチェスターは、何もかもが一流だ。インテリアは、クラシカルで豪華。ロビーは壮大で、いくつかある高級レストランには、総勢90名のシェフがいる。そのうちの一人は、ミシュランの三つ星を獲得したアラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスターのヘッドシェフを務めるジャン・フィリップ・ブロンデだ。常に最上のものを提供したいというホテルの姿勢は、印象的なサービス、最新の設備、見事なスパ、そして、豪華なティールーム、ザ・スパティスリーに現れている。

関連するキーワード