736view

タイムアウトニューヨークが、マンハッタンでミーシェン(米線/雲南省発祥の生の米麺)料理が食べられるおすすめの店を紹介。

リトル・トン・ヌードル・ショップ|Little Tong Noodle Shop

イースト・ヴィレッジにある、マンハッタンで最初にオープンしたミーシェン専門店。シェフを務めるのは、2014年に閉店した分子調理法による料理を提供するレストラン、WD-50で働いていた成都出身のシモーヌ・トン。

フナン・スラープ|Hunan Slurp

イースト・ヴィレッジにあるモダンな雰囲気の湖南料理店。ミーシェン(この店では、「ミーフェン」と呼ばれる)を、スープに入れたメニューのほか、炒めたメニューも多い。おすすめは、具に魚を使ったミルキーなスープが特徴の、フィッシュ・フィレ・ミーフェンだ。

ディアン・キッチン|Dian Kitchen

雲南地方の麺料理を中心としたレストラン。クリーミーな豆腐、砕いたピーナッツ、野菜の漬物、豚の挽肉がトッピングされたトーフ・ライス・ヌードルが人気。雲南省の都市、昆明でよく食べられているという、柔らかい牛肉の塊が入ったクンミン・テンダー・ビーフ・ライス・ヌードルもおすすめ。

サウス・オブ・ザ・クラウズ|South of the Clouds

ブルックリンにある雲南料理店、ユンナン・フレイバー・ガーデンのオーナーの息子がオープンしたレストラン。家族に伝わるレシピで作られた、ミーシェンメニューを楽しめる。おすすめは、たくさんの具材を入れるクロッシング・ザ・ブリッジだ。

関連するキーワード