680view

タイムアウト香港が、香港のショッピングモールなどで見られる、2019年(豚年)の春節を祝う装飾を紹介。

シティープラザ|Cityplaza

シティープラザ・モールの春節を盛り上げているのは、大きくなったレゴ・ミニフィギュアたちだ。2階に、春節のために特注のディスプレイが3つあり、人々を楽しませている。ミニフィギュアと一緒に座り、縁起の良い春節の食事を食べている気分を味わったり、龍舞を楽しもう。豚年を祝うレゴ以外の装飾も必見だ。(2019年2月19日まで)

タイムズ・スクエア|Times Square

タイムズ・スクエアの春節を祝う装飾は、伝統的な物語と現代的なテクノロジーを融合させたもので、これまでの中で最もインパクトがある。特注の大きな黒い箱の中へ入ると、壁がLEDディスプレイになっている。そこに映っているのは、韓国人アーティストのハヨン・クォンとシヨン・ジンがデザインした、縁起が良いとされている龍、鳳凰、麒麟などの動物だ。アメリカのデザイン集団、ドッグ・アンド・ポニー・スタジオによる体験型展示も必見。たくさんの黄金色の花で埋め尽くされており、中を歩くことが出来る。セルフィースポットにもなる、素晴らしいアート作品だ。(2019年2月24日まで)

Honson Yip

テュン・ムン・タウン・プラザ|Tuen Mun Town Plaza

新界にあるこのショッピングモールが、今年の春節向け装飾でコラボしているのはメントス。そう、あのお菓子のブランドだ。メントスと豚をテーマにした装飾は、アジア初。まず、目に入るのは、高さ8メートルの観覧車。ゴンドラは、メントス型のぬいぐるみで埋め尽くされている。ほかには、子ども向けの豚の形をした乗り物、ミニ滑り台、色々な味のメントスが出てくるアーケードゲームなどもある。メントスと豚をテーマにした移動式遊園地といった雰囲気だ。子どもとお菓子好きには、ぴったりの春節の装飾だろう。(2019年2月19日まで)

ランガム・プレイスLangham Place

季節の装飾を得意としているランガム・プレイス。茶館をテーマにした今年の春節の装飾もとても素晴らしく、さらに非常にフォトジェニックだ。ディスプレイされているのは、豚の顔をした大きな点心、マンダリンオレンジが入った鳥かご、ピンクの飲茶用のカートなど。飲茶をテーマにしたインタラクティブ・ゲームも楽しめる。(2019年2月17日まで)

ファッション・ウォーク|Fashion Walk

旺角では、2019年で50周年を迎えるセサミストリートの各キャラクターが春節を盛り上げている。ファッション・ウォークやガラ・プレイスといったエリア内の4つのショッピング・スポットに置かれているのは、ビッグ・バード、エルモ、クッキーモンスターなど、おなじみの面々。一緒にセルフィーを撮ったり、セサミストリートをテーマにしたポップアップショップでの買い物を楽しもう。また、ロット10の特設カフェでは、キャラクターの顔が描かれたフードやドリンクメニューも提供されている。おすすめは、エルモのストロベリー・ティー・チーズ・ミルク・キャップ、クッキーモンスターのセサミ・クラッカー、ブラック・サセミ・オーク・ラテだ。(2019年2月19日まで)

関連するキーワード