2856view

タイムアウトシンガポールが、ハイファッションからアウトドアまで、様々なジャンルのおすすめセレクトショップを紹介。

ドーバー・ストリート・マーケット・シンガポール|Dover Street Market Singapore

この店へ行く時は、お金の使いすぎに注意した方がいいかもしれない。ここでは、熱心なファンが多いコム・デ・ギャルソンから、アンチ・ソーシャル・ソーシャル・クラブ、セリーヌ、バレンシアガ、ザ・ロウといったラグジャリー・ブランドのアイテムまで取り扱っている。建物はリノベーションされており、元は軍の宿舎だった。天井が高く、黒い檻のような棚は金網で作られ、カラフルな小屋はレジになっている。買い物天国でありながら、アートとしてのファッションを展示しているギャラリーのような場所だ。

シティー・オブ・トゥモロー|City of Tomorrow

シンガポール国内外から集められた50ブランド以上のアイテムを扱っているセレクトショップ。広い店内は、ザ・ロッカー・ルーム(メンズ)、ザ・スタジオ(ミニマルなデザインアイテム)、トロピカル・パラダイス(水着などリゾート・アイテム)というようにテーマ別にゾーン分けされている。ファッション・アイテムのほか、ザ・シークレット・ガーデンという食品を集めたゾーンもある。

カポック・シンガポール|Kapok Singapore

2006年、フランス人のアルノー・カステルが香港で創業したセレクトショップ。このローチャーの店は、香港とシンガポールにあるカポックの支店のなかで最大規模を誇る。扱っているのは、ファッションアイテムやデザインプロダクトで、なかには、スウェーデンの時計メーカー、ダニエル・ウェリントンや、マイアミのアクセサリーブランド、ミアンサイのアイテムのほか、カポックが手がけるオリジナルのメンズシャツや、また同店が手がけるフューチャー・クラシックスのアイテムもある。広々とした店内には、カルトによるアート作品が飾られており、休憩にぴったりの小さなカフェスペースもある。

クラブ21|Club 21

シンガポール最大の高級ファッションチェーン。旗艦店には、ドリス・ヴァン・ノッテン、ヴィクター&ロルフ、アレキサンダー・マックイーン、マルタン・マルジェラといった、挙げればキリがない数の、各ブランドのプレタポルテアイテムを扱っている。クラブ21は、シンガポールやアジアの各国で、アルマーニ、バレンシアガ、カルヴァン・クラインなどのブランド店舗を運営している企業としても知られている。

ザ・ワイルド・ショップ|The Wyld Shop

オーストラリア人のカラ・ベンスレイ・オースティンが創業したショップ。扱っているのは、オーストラリアのブランドや、オーストラリアに影響を受けたシンガポールのローカル・ブランドのアイテム。可愛いらしいビキニやサンドレスを探しているなら、ミンク・ピンク、スタイリッシュなボヘミアンファッションを探しているなら、ウィット・アンド・ザ・ウィルのアイテムがおすすめだ。ヨガやフィットネス向けのアイテムは、ローナ・ジェーン、アクセサリーはミンクコレクション、サングラスは、キーオーストラリアやルスペックスのアイテムを扱っている。フランキータスの目を引くプリントのバッグや財布も注目だ。スキンケアやビューティー・アイテムもある。

アクチュアリー|Actually

もしストリートウェアを探しているなら、このアクチュアリー以外の選択肢はないだろう。アパレルから靴、バッグからアクセサリーまで何でも手に入る店だ。広々とした店内には、レイジーオーフ、フェールラーベン、フライターグなど人気ブランドのアイテムがぎっしりと並んでいる。さらに、アクチュアリーのオリジナルブランドやシンガポールのローカルブランドのマッシュ・アップ・コレクティブのアイテムもある。何も買わずに店を出ることはできないぐらい、魅力的なセレクトだ。

関連するキーワード