2948view

タイムアウトロンドンが、2018年にロンドンで注目を集めたニューオープンヴェニューを紹介。

ボックス・パークウェンブリー|Boxpark Wembley

2018年12月オープン

ショーディッチやクロイドンにオープンし、ショッピングや食事を楽しむ場所として人気になっているボックスパークが、ウェンブリーにも登場した。美味しい物好きが喜ぶ、アグリー・ダンプリングやホラ・グワカモーレなどが出店している。

コール・ドロップス・ヤード|Coal Drops Yard

2018年10月オープン

キングス・クロスにある、ビクトリア朝時代に貯炭所だった場所が、トレンディーなショッピングエリアに生まれ変わった。期待通りの様々なショップ(コス、を含む)、バー、レストランが入っている。新しい流行りの場所を探しているなら、オススメだ。

ダバーズ・ソーシャル・ビンゴ|Dabbers Social Bingo

2018年11月オープン

イースト・エンドにオープン。昔ながらの定番ゲーム、ビンゴをゲームショー形式で楽しめるヴェニュー。カクテルやクラフトビールを飲みながら、ドラァグクイーンなどのホストが盛り上げるビンゴを楽しもう。

ワールド・ギャラリー(ホーニマン博物館)|World Gallery at the Horniman

2018年6月オープン

ホーニマン博物館内に、新しい展示空間のワールド・ギャラリーがオープンした。世界中の、様々な地域の文化を紹介している。博物館にいながら、旅に出ているような気分になれる。

V&Aフォトグラフィー・センター|V&A Photography Centre

2018年10月オープン

ロンドンで最も装飾的な博物館に、写真を専門にした常設の展示空間が加わった。今回のオープンを記念した展示では、写真の歴史がテーマになっている。

関連するキーワード