341view

タイムアウトニューヨークが、イーストヴィレッジで美味しいワインを楽しめるワインバーを紹介。

ロイス|Lois

アルファベット・シティ・ワイン(Alphabet City Wine Co.)のノラ・オマリーと、ABCビア(ABC Beer Co.) のフィービィー・コーネルによるドラフトワインの店。ミニマルで、幾何学的にデザインされた空間に足を踏み入れると見えてくるのは、木製バーカウンターや16本の真ちゅうのタップだ。ワインのほか、自家製のポーク・リエット、アヒルのコンフィを使ったコーンケーキ、花椒バターがたっぷり塗られたサワードウブレッドなど、小皿のフードメニューも充実している。

ザ・アテニアン|The Athenian

10席しかない小さなワインバー。白塗りレンガの壁と大理石のバーカウンターが印象的。ワインは、ギリシア産が中心。フードは、グリルしたタコ、スパナコピタ(ホウレンソウのパイ)など、小皿メニューがある。

ビビ・ワイン・バー|Bibi wine bar

素朴だが、上品さもあるワインバー。オレゴン州、ワシントン州、カリフォルニア州などのアメリカ西海岸ワインに加え、フランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパワインも豊富に揃えている。また、オーストラリアや南アメリカのあまり知られていない生産地のワインも扱っている。グラスで飲めるワインは、20種類ほど。その中には、珍しいオレンジワイン、輸入ビール、ハードサイダーなども含まれている。この店は多くの人を魅了していて、特に毎日のハッピーアワーの時間帯は、賑わっている。

ザ・イミグラント・ワイン・バー・アンド・タップ・ルーム|The Immigrant Wine Bar & Tap Room

ワインバーとビール居酒屋が融合したような店。店内は、趣があり、鉄道車両のように細長い。木の梁が出ていて、アンティークのシャンデリアが吊られている店内で楽しめるのは、頻繁に入れ替わるクラフト・ビールとアメリカ産ワイン。12席あるバーカウンターに座って、ローデンバッハのパイントを飲むか、後ろの壁際の長椅子に座りシャルキュトリとチーズの盛り合わせを頼むのがおすすめだ。チーズはマーリーズ(Murray’s Cheese)、シャルキュトリはルソーズ(Russo’s)のものを仕入れている。

デスヌーダ|Desnuda

小ぢんまりとしているワインとセビーチェが楽しめるバー。数少ないバーカウンター席に座ると、目の前にはシェフたちがいて、臨場感あふれる調理の様子を堪能することができる。大胆で独創的なアイディアで作られたセビーチェには、ウシエビ、マンゴー、唐辛子、そしてあろうことか、スプライトが使われている。ワインリストは、南アメリカ産、スペイン産のワインが中心。リーズナブルな価格設定のものもあり、グラスやボトルで楽しめる。

関連するキーワード