668view

タイムアウトシンガポールが、量り売りで食材が購入できて環境に優しい、ゼロ・ウェイスト・グローサリーを紹介。

リプロヴィジョンズ|Reprovisions

ジュロン地区に最近オープンしたゼロ・ウェイスト・グローサリー。シンガポールの西部に住む、環境に優しい暮らしを送りたいと思っている人たちには、夢のような店だろう。店が位置しているのは、ジュロン・ポイント。しゃれた作りの店内には、量り売りで買うことができる、バリラのパスタ、ナッツ、乾物などが並んでいる。アンソニー・ザ・スパイス・メーカーの商品が幅広く揃っているので、スパイス好きはとても楽しめるだろう。

アンパックト|Unpackt

シンガポールで最初にオープンしたゼロ・ウェイスト・グローサリー。オリーブオイルからサトウキビ、ムクロジから焼きリンゴチップスまで、幅広い商品を量り売りで買うことができる。店内で扱っているすべての商品は未包装のまま。つまり、店に行くときは、自分で容器を持っていく必要がある。買う時は、欲しい分を容器に入れて、重さに応じた支払いをするだけだ。ここに通うということは、今よりも持続可能な生活を送るための、“グリーン”な第一歩と言えるだろう。

エコラ|Eco.le

店名は、フランス語で学校を意味する「ecola」をもじったものだ。小さなゼロ・ウェイスト・ショップで、プラスチック・フリーが広まることや多くの人がエコな暮らしを学び、実践することを願って活動している。店内では、ほかの店のように、量り売りの食材や、パッケージやゴミの削減につながるライフスタイルアイテムを販売している。在庫は、常に変化と進化を続けているので、いつ来店しても、新たな価値を見出すことができるだろう。買い物袋は持参するのがベストだが、もし忘れたら、グリーニー・ジェニーの可愛らしい籠が売られているので買ってもいいだろう。

ザ・ゼロ・ウェイズ|The Zero Ways

アラブ・ストリートで開催されているソー・ゲラムなどのフリーマーケットに出店しているポップアップショップ。ゼロ・ウェイストや、プラスチック・フリーの暮らしに賛同した人が集まってできた、グループが運営している。販売しているのは、穀物、スパイス、チョコレート、環境に優しい歯ブラシや金属のストローといった再利用可能なアイテムなどだ。ゼロ・ウェイストでは、常設店をオープンするための、資金を募集中だ。

関連するキーワード