2911view

タイムアウトバンコクが、角煮風のものからクリスピーなものまで、美味しいポークライスを食べられるバンコクのヴェニューを紹介。

ソン・トート|Son Thod

広東スタイルのローストポークと、カリカリに焼いた豚バラを何十年も提供している店。ローストポークは柔らかく、スモーキー。豚バラ(クリスピー・ポーク・ベリー)は、とにかくカリカリで、大満足の美味しさ。

ナコーン・サヌーク|Nakhon Sanook

BBQポークライスが人気の屋台。ラインチタイムがとても人気で、地元の人で賑わっている。

スリ・サモンレロット|Sri Samornlerrot

店のスタッフは、ぶっきらぼうで愛想がないが、ランチタイムには、行列ができるほど、地元では人気の店だ。店舗はこれといった特色はないが、揚げたニンニクやライスと一緒に提供されるロースト・ポークは美味しい。鶏肉のメニューもおすすめだ。

カオ・カー・ムー・チャルーン・サン|Kao Kha Moo Charoen Sang

ジャルンクルン通りにある店。店が入っているのは、ラーディシン病院反対側のショップハウスだ。柔らかくて、よく味が染みた中華スタイルの豚足の煮込みが有名。5〜6時間かけてゆっくり煮込まれているのが、美味しさの秘密だ。

ムー・クロップ・ナイ・サイ|Moo Krob Nai Sai

45年以上営業を続けている人気店。クリスピーな豚バラ肉が人気だ。バンコクで一二を争うカリカリ感は、肉を小さい火でゆっくりと焼くことで生み出されている。

関連するキーワード