840view

タイムアウト香港が、深センのおすすめ美術館やクリエイティブスポットを紹介。

ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート・アンド・プランニング・エキジビション|Museum of Contemporary Art & Planning Exhibition(MOCAPE)

2017年にオープンした深センの比較的新しいアートスポットだが、すでに多くのカルチャー好きたちを魅了している。このMOCAPEの魅力のひとつは、コープ・ヒンメルブラウによる素晴らしい建築デザイン。直線や斜線と、湾曲とねじれを並置することで、力強く、未来的な表現を生み出している。特に、太陽の光の下では、外装と内装の両方で、反射した光が展示に有効な明るさを作り出す。建築だけでなく、展示されている現代アートも素晴らしく、必見だ。

華僑創意文化園|OCT – Loft

深センで最大の複合クリエイティブ施設。広大な敷地内には、アトリエ、ギャラリー、本屋、レストラン、コーヒーショップなどがある。公園では、毎月1番目と3番目の週末にクリエイティブ・マーケットが開かれていて、世界中のクリエーターに人気だ。

OCTコンテンポラリー・アート・ターミナル|OCT Contemporary Art Terminal(Ocat)

上海、西安、北京、武漢にも展示スペースを持つ、非営利の美術館。外観は、ぱっとしない灰色の倉庫で魅力的に見えないかもしれないが、美術館の内部では、現代アートを紹介するイベント、パフォーマンス、展示が開催されている。

関連するキーワード