524view

タイムアウトニューヨークが、クリスマスシーズンに開催されるニューヨークのホリデー・マーケットやウィンター・マーケットを紹介。

バンクオブ・アメリカ・ウィンター・ヴィレッジ・アット・ブライアント・パーク|Bank of America Winter Village at Bryant Park

2019年1月2日まで

ミッドタウンにある人気の緑豊かな公園が、年の終わりが近づくと文字通りの「ウィンター・ビレッジ」になる。公園の芝生には、冬だけのスケートリンクが登場。スケートやウィンタースポーツを楽しめるほか、スケートを学べるプログラムもある。リンクの周りには、おもちゃや美味しいもの、クリスマスグッズなどを売る多くの個人商店が軒を連ねる。

グランド・セントラル・ターミナル・ホリデー・フェア|Grand Central Terminal Holiday Fair

2018年12月24日まで

ニューヨークで最も壮大な建築物であるグランドセントラル駅に、40ほどのショップが集まるフェア。毎日の通勤が辛くても、このイベント中は華やかで明るい気分になるだろう。電車で家に帰る前、たくさん並ぶおもちゃ、ゲーム、アクセサリーなどの手作りのクラフトアイテムからお気に入りを見つけよう。恋人や家族など大切な人たちへのプレゼントも見つかるはずだ。建物内にあるニューヨーク交通博物館の別館では、毎冬設置される恒例の鉄道模型を見るのがおすすめだ。本当に、冬の「ワンダーランド」にいる気分になれるだろう。

ユニオン・スクエア・ホリデー・マーケット|Union Square Holiday Market

2018年12月24日まで

地元の農家や個人商店から物を買いたいと考えている買い物客に人気のマーケット。ココアやホット・アップル・サイダーで温まりながら、回るのがおすすめだ。美味しいもの好きが喜ぶたくさんのフードブースのほか、ジュエリー、アート作品、キャンドル、インテリア雑貨、化粧品、子ども向けのギフトなどを扱うブースが並ぶ。このマーケットには、ニューヨーク産やアメリカ産の職人が作るこだわりのアイテム、フェアトレード、オーガニック認証のアイテムが多い。また、リサイクル、リユース、ビンテージ品を使って作られたアイテムも見つかる。

コロンバス・サークル・ホリデー・マーケット|Columbus Circle Holiday Market

2018年11月28日から12月24日まで

コロンバスサークルのセントラルパーク側で開催されるアウトドア・マーケット。反対のタイムワーナーセンターに入る商業的なモールで売られているものより、温かみのあるギフトがほしい場合は、ここを見てみるといいだろう。リル・ニューヨーカー(Lil’ New Yorker)が作る手作りのベビー用品、パンクスター(Punkster)が作るパンク・ロックスタイルの子供向け着ぐるみ、電子レンジで温めることでラベンダーやカモミールの香りを放つぬいぐるみなどが並んでいる。

関連するキーワード