1563view

タイムアウト香港が、フォトジェニックで美しい香港の階段を紹介。

ダデル・ストリート|Duddell Street

ダデル・ストリートのガス灯と階段は、歴史ある場所。フォトジェニックで、香港のテレビドラマのロケ地としても良く使われる。石の階段は、1875年から1889年の間に造られたもの。現存するものとしては、同様の階段のなかでは最も古い部類に入る。古いガス灯は、香港に唯一残るものだ。

フラッグスタッフ・ハウス・ミュージアム|Flagstaff House Museum

この茶器に関する博物館は、ホンコン・パークの中心に位置しているが、知らない人も多い。博物館には、八角系の螺旋階段がある。フランス式の窓からは光が降り注ぎ、コロニアル時代の可愛らしさを感じる階段だ。見上げると、ガラス屋根がコンクリートジャングルに向かって開いているのがわかる。

フォートレス・ヒル|Fortress Hill

MTRフォートレス・ヒル駅のすぐそばにあるのが、香港における最も人目を引く階段のひとつだ。緑や青の色彩で塗られたパッチワークスタイルの壁はとても魅力的で、インスタ映えするだろう。

ホンコン・アーツ・センター|Hong Kong Arts Centre

ほとんどの階段が円形か長方形だが、湾仔にあるホンコン・アーツ・センターの階段は、三角形だ。デザインは、タオ・ホーによるもの。見事に真っ白な階段を背景にすると、いい写真が撮れるだろう。下から見上げる、もしくは、階段の途中から下を見下ろすと、三角形が遠くにどんどん続いているように見える。グッとくる光景だ。

ホンコン・パーク|Hong Kong Park

フラッグスタッフ・ハウスの階段を十分楽しんだら、ホンコン・パークで散歩をしよう。向かうのは、コットン・ツリー・ドライブの入口方面だ。緩やかに段差のついた幅広の階段があるだろう。この階段が面白いのは、階段の横を水が流れていることだ。Boomerangなどのアプリにぴったりの被写体だろう。街の中でストレスを解き放し、平穏で静かな時間を送れる理想的な場所だ。

ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー(ホンコン・ポリテクニック・ユニバーシティ・スクール・オブ・デザイン)|Jockey Club Innovation Tower, Hong Kong Polytechnic University School of Design

建築的驚異といえるジョッキー・クラブ・イノベーション・タワーは、スター建築家だったザハ・ハディドがデザインした。デザインとテクノロジーが見事に融合したモダンな施設の階段は、傾斜を取り巻くように続いている。建物内では、ムード照明が使われているので、リングフラッシュさえ不要かもしれない。

関連するキーワード