2615view

タイムアウトバンコクが、タイの首都・バンコクのおすすめスパを紹介。

アウェイ・スパ|Away Spa

ダイヤモンドの粉を使って体全体の皮膚をクレンジングしてくれるコースがある。2時間のトリートメントで受けられるのは、30分のボディースクラブ、30分のダイヤモンド・ボディーラップ、60分のダイヤモンド・オイルマッサージ。より“光り輝く”肌色が期待できる。

ハーン・ヘリテージ・スパ・クルンテープ|Harnn Heritage Spa Krungthep

タイを代表する高級スパやスキンケア商品のブランド「ハーン」が運営するスパ。ゼン・タワーの12階にあるこのスパは、ハーンの新しい旗艦店でもある。ここからは、バンコクのダウンタウン、そしてこのスパが最初にインスピレーションを受けたペッチャブーン宮殿を一望することができる。

アイ・サワン・レジデンシャル・スパ・アンド・クラブ・アット・グランド・ハイヤット・エラワン|I.Sawan Residential Spa & Club at Grand Hyatt Erawan

このスパは、バンコクにおける美と健康のための究極の“プライベート空間”かもしれない。ここにあるスパ・コテージは、6つのみ。週末に、“自分のためだけの施術”を味わいながら、ゆっくりするのがおすすめだ。

レッツ・リラックス・オンセン・アンド・スパ・トンロー |Let’s Relax Onsen & Spa Thonglor

グランデ・センター・ポイント・ホテルの5階にあるスパ。5つの温泉風呂をはじめとする、最高品質の設備が揃っている。風呂の一つは、日本の人気温泉地である下呂温泉の湯を再現したもの。下呂温泉の成分を濃縮した温泉剤が使われている。お湯は循環していて、週に一度は取り替えらることで、衛生基準も保たれている。

オアシス・スパ・スクンビット31|Oasis Spa Sukhumvit 31 Phrom Phong

2003年、チェンマイで創設されたタイで最も歴史の長い高級スパチェーン。オープンから15年で、タイ全土に支店を構えるまで成長した。オアシス・スパのバンコクで最初の支店は、ソイ・スクンビット31にある。古い民家を改装したこのスパでは、都会の真ん中にいながら、人知れずオアシスにいる気分で施術が受けられる。

関連するキーワード