2020view

タイムアウトスリランカが、カレーやポルサンボル、アッパ(ホッパー)など、スリランカの定番料理を紹介。

ポル・サンボル|Pol Sambol

スパイシーなココナッツの薬味。どんな料理でも、ポル・サンボルをふりかければ、口の中のすべての感覚を刺激し、味をぐっと引き立ててくれる。スリランカでは欠かせない存在だ。作り方は簡単。削りたてのココナッツ、唐辛子、タマネギ、ライム、塩を混ぜるだけだ。さらに美味しくするために、乾燥したモルジブフィッシュを加えてもいい。

Gihan Panditaratne

ルヌ・ミリス|Lunu Miris

スカーレット色が印象的なスリランカ風チリペースト。タマネギ、砕いた唐辛子、唐辛子パウダー、ライムと塩を挽いて混ぜたものだ。辛いものに弱腰な人には向かないかもしれない。特に、縁起が良い料理として食べられるキリ・バス(ミルク・ライス)と相性がよく、一緒に出される。スリランカのルヌ・ミリスを食べると、チリペーストへの考え方が変わるだろう。

©BT Images

インディ・アッパ|Indi Appa

米粉などで作られる細い麺。ストリング・ホッパーとも呼ばれる。口のなかで溶けてしまうかのような、柔らかさが特徴。生地を網目の付いた成型機で押しだし、蒸して作られる。主に、米粉で作られる白色のものと、シコクビエで作られる赤色のものがある。食べるときは、キリホディ(香り高いココナッツミルクのグレイビー)やダル(豆のカレー)にディップするか、ポル・サンボルをつけてもいい。

©BT Images

アッパ|Appa

ボウル型をした、外側がパリパリで内側が柔らかいパンケーキ。ホッパーとも呼ばれる、スリランカ人の多くが好きな食べ物だ。専用のフライパンで焼かれたばかりのものを食べるのがベスト。シェフがアッパを作っているのを見るのも楽しい。生地は、発酵させた米粉の粉とココナッツミルクを混ぜたもの。シェフたちは、上手にフランパンを動かし、生地を渦巻状に流し入れる。数分後、フライパンを叩いて、アッパをいとも簡単に皿へ移していく。アッパの完成だ。ビシタラ・アッパは、中央に卵がのったアッパで、定番メニューのひとつ。アッパとよく合うのは、ルヌ・ミリス、シーニー・サンボル(タマネギのサンボル)だ。

ポル・ロティ|Pol Rotti

甘みがあるが、塩味もある。ドロっとしているが、軽さはある。見た目がかわいらしく、食べても美味しい食べ物だ。おろしたココナッツ、グリーンチリ、細かく切ったタマネギが入っている生地を練り、薄い円形に成形。それを、両面がぱりぱりになり、焦げ目の粒ができるまで焼いたら、ポル・ロティの完成だ。出来たてのポロ・ロティ、ルヌ・ミリス、ストレートの紅茶の組み合わせは、最高の食事もしくは、軽食になる。スリランカを旅行した際は、ぜひトライしてほしい。家庭で作るのもとても簡単だ。

ポロス・カリー|Polos Curry

ポロスとは、若いジャックフルーツのこと。世界中のベリタリアンやヴィーガンから、肉の代用品として愛されている。 栄養が豊富なため、スリランカ料理では、何世紀もの間使われてきた。スパイシーで香り高いソースにジャックフルーツのブロックが浮かんだ、ポロス・カリーは、スリランカの人にとって、故郷の味と言えるだろう。ポロス・カリーは、ライスのほか、インディ・アッパ、ロースト・パン(炭火で焼いたパン)など、なんにでも合う。

©BT Images

マンニョッカ|Manyokka

マンニョッカとはキャッサバのこと。スリランカでは、茹でたり、カレーにしたり、揚げたりと、様々な方法で食されている。朝は、茹でたマンニョッカをココナッツとルヌ・ミリスにディップして食べるのが定番。ねっとりしていて、甘くて、しょっぱさも感じる賑やかな味は、1日の始まりにふさわしい。マンニョッカ・カリーは、薫り高い素晴らしい料理で、ライスとよく合う。マンニョッカを揚げることも多く、丸くなっているチップスと細長いフレンチフライ状のものがある。チリパウダーをかけるのが、定番。午後から夜中にかけての、ストリートフード屋台でよく見られるが、食べたら止まらなくなるので気をつけよう。

関連するキーワード