268view

タイムアウトニューヨークが、ニューヨークの動物園を紹介。

ブロンクス動物園|Bronx Zoo Wildlife Conservation Society

5000以上の動物が飼育されている大規模な動物園。屋外のバブーン・リサーブ、アシカ・プール、マダガスカルの自然環境を再現したマダガスカル館など、無数の展示がある。38エーカー(東京ドーム約3個分)の敷地を走るモノレールに乗ってゾウ、トラ、レッサーパンダ、サイなどを観察するワイルド・アジア・モノレールやライオン、シマウマ、リカオンなどがいるアフリカ平原にも注目しよう。クマ好きは、ホッキョクグマやハイイログマに会うことができるビッグベアーズへ。アナコンダ、ヤドクガエル、強力な顎を持つ大きな品種であるワニガメなどがいる爬虫類館もおすすめだ。

セントラル・パーク動物園|Central Park Zoo

セントラルパークの一画にある動物園。6.5エーカー(東京ドーム約半分)の敷地に、130種類ほどの動物が暮らしている。年間100万人以上が訪れる人気の施設だ。アリソン・マハー・スターンのユキヒョウの展示は必見。中央アジアの山岳地帯を再現した岩場の常緑樹の中で、絶滅のおそれのあるヒョウを探してみよう。また、ポーラーサークルでは4種のペンギンが歩き回る様子を、セントラルガーデンの近くのプールでは可愛らしいカリフォルニアアシカを観るのがおすすめだ。時間によっては、アシカの餌付けやしつけの練習も観られるだろう。トロピックゾーンでは、子供たちが、ヤドクガエル、エメラルドツリーボアといった熱帯雨林に住む動物たちの観察を楽しめる。家族連れであれば、屋外にあるティッシュ・チルドレンズーもおすすめ。ここは、ポットベリー・ピッグ、ヒツジ、ヤギなど30種類の動物がいるニューヨーク唯一の子供動物園だ。

プロスペクト公園動物園|Prospect Park Zoo

ブルックリンにある動物園。曲がりくねった小道に沿って歩きながら、動物を観察できるディスカバリー・トレイルでは、可愛らしいカナダカワウソ、シュッとしたディンゴ、大きなエミュー、白色の顔が特徴の南アフリカのコノハズクなどを観ることができる。アシカコートでは、春になるとアシカたちがアクティブになる様子を観られるだろう。彼らは優雅な水泳選手のごとく、ダイビングや飼育員とのハイファイブ、餌の飲み込みなどで、観客を楽しませてくれる。1年中楽しめる、3つの主な屋内展示も注目だ。バーン・アンド・ガーデンでは、子供たちが、アルパカ、ヤギ、ヒツジなど優しい動物たちの中を歩くことができる場所。アニマル・ライフスタイルでは、ゴールデンライオンタマリンのユニークな顔を眺めたり、元気なマントヒヒをすぐ近くで観ることができる。ホール・オブ・アニマルズには、注意を引くまたは逸らすために色を使うといった、多様な方法で環境に適応する動物を観察することができる。週末になると、ディスカバリーセンターでは、子供たちが獣医になった気分で検診を行ったり、動物の糞に関するすばらしい事実を学ぶことができる自然体験の機会も設けられる。

クイーンズ動物園|Queens Zoo

アメリカ大陸の野生生物にフォーカスした屋外動物園。園内には、プロングホーン、バイソン、そして北アメリカにいる巨大な哺乳類のひとつであるルーズベルトエルクなどがいる。特にかわいいのは、サザン・プーズーという絶滅の危機に瀕しているシカの一種だ。肩までの高さが、14インチ(約35センチ)しかない。家畜を紹介している展示では、フレミッシュ・ジャイアント(巨大ウサギ)、ベルテッド・ギャロウェイ(ウシ)、4本角のヒツジ、テキサスロングホーン(ウシ)などがいて、子どもたちが特に楽しめるだろう。南アメリカメガネグマのエリアでは、クマ同士がじゃれ合っている様子が見られるかもしれない。 1964年に開催された万博のために設計されたジオデシック・ドームへ立ち寄るのを忘れてはならない。中では、華やかなコンゴウインコ、青いくちばしのコバシオタテガモなどを観ることができる。

スタッテン島動物園|Staten Island Zoo

スタッテン島北部にある8エーカー(東京ドーム約0.6個分)ほどの広さの動物園。アフリカ・ウィングの注目は、猫に似ているフォッサや手のひらに収まるほど小さく夜行性のテンレック。爬虫類を展示しているレプタイル・ウィングには、種類豊富な北アメリカのガラガラヘビ、毒ヘビ、ニシキヘビ、アナコンダなど、200以上の変温動物が飼育されている。そのほか、園内には屋外にシベリアと中国の間にあるアムール川の谷を再現したアムール・レオパード・ハビタットもある。動物の保全をテーマにしたメリーゴーランドに乗るのも忘れずに。普通のメリーゴーランドでは馬に乗るが、ここでは、ゾウ、トラ、コモドオオトカゲ、ヤドクガエルなど絶滅危惧種と危急種に乗ることができる。

関連するキーワード