605view

タイムアウトミラノが、ミラノでの街歩きに役立つコツを紹介。

夜はドゥオーモに近づかない。

ドゥオーモのまわりには、見て回りたい人気ヴェニューがいくつかあるかもしれないが、クールにナイトアウトするなら、イゾラ、ポルタ・ヴェネツィア、ナヴィリオといったもっとローカルなエリアに行くのをおすすめする。そうすれば、観光客を避けて、安く、楽しい時間を過ごすことができるはずだ。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Harmishhk

昼間も、ドゥオーモとは距離を置く。

ドゥオーモ、ガッレリア、スカラ座を見たら、さっさとバスかトラムに乗り、中心部から離れよう。ユニークな美術館で、混雑を忘れ、ゆっくりとした時間を過ごそう。プラダ財団、ピレリ・ハンガービコッカ、MUDECあたりは、建物も楽しめる美術館で、興味深い常設展や企画展を開催しているので、訪れる価値は十分にある。

トラムで歴史の旅に出る。

ミラノのトラムの多くは現代的になっているが、ユニークな方法でトラムを楽しめる「アトモスフェーラ」に乗るといいだろう。これは、1930年代に製造されたトラムに乗りながら、観光とコース料理、そしてワインを楽しめるトラム・レストランだ。かつてのミラノを感じさせる動くトラムの車内から、窓の向こうの今のミラノを感じるのは、とてもロマンティックな旅の体験になるだろう。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Bert Kaufmann

リカーリカミカードを買う。

ミラノに数日間滞在するなら、公共交通機関に乗る時は、紙のきっぷを買う代わりに、リカーリカミカード(RicaricaMI card)を購入しよう。便利な上に、環境にも優しい。ロンドンのオイスターカードのように、初期費用が2.5ユーロ(330円)必要になる。メトロの駅構内にある窓口(ATM Points)で購入可能だ。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Luca Volpi

靴はおしゃれなものを。

ミラノ人は履物のことをとても真剣に受け止める。女性は、夜に出かけるために、ハイヒールを1足か、2足持ってくるといいだろう。もちろん昼間でもあっても履いても構わない。ミラノでは、地元の女性がスティレットヒールで、石畳の道を難なく歩いているのをよく見かける。男性は、クールなスニーカーを履いていれば、うまくやりおおせるだろう。もし、地元の人があなたの靴をチェックしていたら、合格点を得られたという証拠だ。

関連するキーワード