524view

タイムアウトシンガポールが、シンガポールから日帰りで行けるおすすめの旅行先を紹介。

ムラカ|Malacca

Photo: Lung Wei/Flickr

静かな週末を過ごすための牧歌的で歴史と文化がある街を探しているなら、マレーシアのムラカがピッタリだろう。チャーミングで、趣のあるこの街へは、シンガポールから車でわずか数時間で行くことができる。立ち並ぶショップハウス、プラナカンの骨董品、曲がりくねった路地、そしてたくさんの美味しいものを楽しむことができる。ロードトリップで行ける理想的な目的地のひとつだ。楽しい写真を撮りたくなるだろう。

セントーサ島|Sentosa

セントーサ島は、何か面白いことが見つかる島だ。財を成したいがためにカジノで大金を賭ける人でも、高速ジェットコースターでスリルを求める人であっても、ミシュランの星付きレストランを食べ歩くグルメでも、海の深みについてもっと学びたいと思っている海洋生物愛好家でも、誰もがこの島を楽しめる。ゆっくりしたいというのであれば、島内に3つあるビーチのひとつへ行き、ぼんやりしていればいい。

ジョホールバル|Johor Bahru

ウッドランド・チェックポイントから、公共交通機関、もしくは車で、陸橋を通って、マレーシア側に渡れば、そこはジョホールバルの中心地だ。イミグレーションが入っている建物は、シティ・スクエア・モールと繋がっている。このモールには、H&Mやユニクロなどのブランドが入っている。シンガポールドルが強いおかげで、シンガポールより手頃に感じるだろう。周囲には、おしゃれなレストランやカフェがあり、1日を楽しく過ごすことができるだろう。

イスカンダル・プテリ|Iskandar Puteri

Photo: LEGOLAND Malaysia

マレーシア・ジョホールバルの西にあるエリア。レゴランド・マレーシアやハローキティー・インドア・テーマパークなど、東南アジアの大きなテーマパークが集まっている。子どもがいる家族であれば、わざわざシンガポールから国境を超えて、イスカンダル・プテリまで行く価値は十分あるだろう。

デサル|Desaru

Photo: James Lovett

マレー半島の南東にあるリゾートタウン。比較的過小評価されている場所だが、魅力的な白い砂浜と紺碧の海は、現実を忘れ充実した休日を過ごすのには、ぴったりだ。チャンギ・フェリー・ターミナルから、フェリーに乗れば、30分で行くことができる。あとは、ダチョウ牧場やフルーツ農園、ゴルフコースなど、デサルにある多様なスポットでの遊びを楽しむだけだ。

バタム島|Batam

インドネシアのリアウ諸島に属する島。シンガポールからフェリーで1時間弱で行くことができる。常に注目を浴びてきたような島ではないが、景色が綺麗なビーチからエキサイティングなナイトシーンまで、この場所には休日が楽しくなる要素がある。怪しかったかつての評判は忘れ、この島にしかない魅力を楽しもう。


ビンタン島|Bintan

関連するキーワード