377view

タイムアウトマイアミが、マイアミにあるおすすめのティキバー(ポリネシア文化にインスパイアされたバー)を紹介。

スウィズル|Swizzle

サウス・ビーチのワシントン・パーク・ホテルにあるカリビアン・ラムバー。
ディレクションを手がけるのは、近くにある人気バー「エンプロイーズ・オンリー・マイアミ(Employees Only Miami)」のヘッド・バーテンダーを務めるダニロ・ボジョビッチだ。この店が得意とするのは、店名のとおり、砕き氷を使ったサワーベースのカクテル「スウィズル」。なかでも、おすすめは「プレィティ・ママ・スウィズル」だ。ウォッカ、ラム、ブラックベリー・ピューレ、ライムで作られていて、甘い口当たりだが、酔いは早く来る。

マイカイ|Mai-Kai

サウス・フロリダにあるレストラン・バー。創業は1956年で、同エリアで唯一、ドン・ザ・ビーチコンバーが作った伝統的なティキ・バーのスタイルを受け継いでいる店だ。南太平洋の衣服を着たスタッフが出迎えてくれる店内では、ポリネシアンダンサーたちが踊っている。そして、楽しめるのはもちろん、マイタイなど美味しい定番カクテル。メニューは特大で、それぞれのカクテルのカラフルな写真があり、味の種類ごとの分類になっている。ティキメニューに馴染みがなくてもオーダーしやすいだろう。

ザ・アンダーソン|The Anderson

アッパー・イーストサイドにあるバー。店の裏には、トロピカルな雰囲気のする
テラスがあり、ティキ・トーチ、本物の砂、ビーチにありそうな小屋があり、巧妙に作られた南国気分スタイルのドリンクを楽しめる。おすすめは、カラフルなシャーク・アタック。ジン、カンパリ、グアバピューレ、ライムジュース、パッションフルーツを使ったちょっと危険な雰囲気のする真っ赤なカクテルだ。

マイアミ・モヒート・カンパニー|Miami Mojito Company

プラント・ザ・フューチャーの建物裏の屋外通路にある小さなティキバー。この秘密のトロピカルなオアシスを見つけるには、少しクリエイティブにならないといけないかもしれない。このバーでは、あらゆるモヒートを出している。モヒートというと、ポリネシアというより、カリブと思うかもしれないが、茅葺屋根があり、島の雰囲気がして、パッションフルーツとタマリンドなどのエキゾチックな味の組み合わせが楽しめるこの店は、ティキのムードを十分感じさせてくれる。

関連するキーワード