475view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスのノースハリウッドで1日を過ごすおすすめのルートを紹介。

1日の始まりは、イート(Eat)の甘い朝食から。コーンフロスティ、ネテラ、ベリーなど、どのフレンチトーストを選ぶか悩ましいところだ。 たっぷりの朝食を食べたあとは、カルチャースポットとして注目を浴びているノーホー・アート・ディストリクト(NoHo Arts District)を散歩しよう。メトロの駅が近くにあるので、歩いて楽しめるエリアになっている。コミックショップのブラストオフ・コミックス(Blastoff Comics)、美術監督組合が運営するギャラリー800(Gallery 800)などをのぞいてみるといいだろう。

午後

東に行って、カフエンガ・ブルバードを歩こう。このあたりには、いくつかの良いお店が集まっている。ランチは、カフエンガ・ジェネラル・ストア(Cahuenga General Store)がおすすめ。気取っていないサンドイッチショップで、マファレッタが特に美味しい。 少し南へ行くと、モダンな家具が揃ったミッドセンチュリーエルエー(Midcenturyla)や、看板猫がいる古本屋のイリアド・ブックショップ(Iliad Bookshop)などがある。疲れたら、ティーポップ(TeaPop)で休憩するといいだろう。タピオカ入りアーモンドミルクティーがおすすめだ。裏庭では、ポップアップマーケットや即興演奏パフォーマンスが行われていることもある。

夕方になったらアイドル・アワー(Idle Hour)でハッピーアワーを楽しもう。1940年代にカフェとしてオープンした、とてもユニークな樽型の建物を改装したカクテルバーだ。夕食は、スプマンテ・レストラン(Spumante Restaurant)で食べるのがおすすめ。いかにもな白いテーブルクロスが印象的な家族経営のレストランだ。おすすめは、自家製ラビオリを使ったメニュー。デザートも食べられるように考えてオーダーしよう。後で、バレーで最も美味しいデザートと言ってもいい、リパブリック・オブ・パイ(Republic of Pie)のチョコレート・バナナ・ブレッド・プディングを食べるためだ。食事のあとは、ゾンビー・ジョーズ・アンダーグラウンド・シアター(Zombie Joe’s Underground Theatre)で、ちょっと変わった劇を楽しもう。

関連するキーワード