327view

タイムアウトシドニーが、美術館やアートセンターなどシドニーのおすすめアートヴェニューを紹介。

4A・センター・フォー・コンテンポラリー・アジアン・アート|4A Centre for Contemporary Asian Art Haymarket

非営利の芸術団体の施設。ギャラリーでは、オーストラリアや海外で活躍するアジアおよびオーストラリア出身のアーティストによる展覧会、パフォーマンス、各種プログラムを開催している。

アート・ギャラリー・オブ・NSW|Art Gallery of NSW Sydney

1871年に創設された、ニューサウス・ウェールズとシドニーを代表する美術館。そして、オーストラリアの最重要文化施設のひとつでもある。オーストラリア、ヨーロッパ、アジアにまたがる優れたコレクションを所蔵している。企画展の開催は、年間40本ほど。

アートスペース|Artspace

ウルムルー地区のザ・ガナリーという建物に入っているアートセンター。展覧会、レジデンス、トーク、シンポジウムなど、プログラムの開催、アーティストのモノグラフ発行などの活動を行っている。ザ・ガナリーには、ほかの施設も入っていて、シドニーにおける現代アートの人気スポットになっている。

ブレット・ホワイトレイ・スタジオ|Brett Whiteley Studio Surry Hills

オーストラリアの偉大な表現主義アーティスト、ブレット・ホワイトリーが生前使っていたアトリエ。1992年にヘロインのオーバードーズで亡くなってからも、奇跡的にほとんどそのまま保存されている。アトリエでは、ホワイトリーの本、レコード、未完成の作品などを見ることができる。また、小規模の展覧会も開催されている。

キャンプベル・タウン・アーツ・センター|Campbelltown Arts Centre Campbelltown

ギャラリー、パフォーマンススタジオ、レジデンス向けアパートなどの機能を持つアート施設。屋外には、彫刻庭園、日本庭園、大きな円形劇場がある。

キャスラ・パワーハウス|Casula Powerhouse

シドニーの郊外、リバプールから電車で1駅の場所にあるアートセンター。元発電所だった建物には、7つのギャラリースペース、劇場などがある。展覧会のほか、音楽ライブ、古い映画の上映会などが開催されている。

関連するキーワード