476view

タイムアウトロンドンが、ロンドンにある環境に配慮したエコフレンドリーヴェニューを紹介。

グッド・ホテル|Good Hotel

ロイヤル・ビクトリア・ドックにあるグッド・ホテルは、大義あるホテルだ。食材から、建物の建築資材、そして労働力まで、ホテル内のあらゆることが、近隣の中小企業から調達されている。ここに泊まれば、サスティナブルなステイケーションが楽しめるだろう。

Good Hotelさん(@goodhotelgroup)がシェアした投稿 -

プラスチック・ノット・ソー・ファンタスティック(ロンドン動物園)|London Zoo: Plastic not so Fantastic

手に負えないプラスチック利用に対する意識を高めるため、ロンドン動物園は、市内とその周辺で集められたペットボトルからひとつの建物を作り上げた。内部では、日々の生活の中で、より環境に優しくなるためのヒントを知ることができる。

lazyecoismさん(@lazyecoism)がシェアした投稿 -

バクル・マーケット|Bulk Market

環境に優しいスーパーマーケット。レトロなキャンディーショップのジャーに入った地元で採れたオーガニック食材を、量り売りで売っている。元々は、ハックニーでのポップアップショップとしてスタートしたが、クラウドファンディングの成功と、地元のコミュニティからの絶大な支持を受けて、今はこの場所が自分たちの店になっている。トートバッグや籐のバスケットを持って、良心のある買い物を楽しもう。

Karyna Mさん(@karyna_mi)がシェアした投稿 -

ダルストン・イースタン・カーヴ・ガーデン|Dalston Eastern Curve Garden

かつてイースト・カーヴ鉄道の線路だった場所に2010年にオープンしたコミュニティーガーデン。イースト・ロンドンの人口密度の高い地区のひとつであるダルストンにある。入場は無料で、カフェの利益はガーデンのメンテナンス費用に使われている。このユニークな都心のオアシスは、静かであり、インスタ映えする場所でもある。

Vix Cookさん(@vixyoga)がシェアした投稿 -

スマッシング・キッチン|Smashing Kitchen

ストローや持ち帰り用の容器は、プラスチックが多く使われている原因のひとつだ。ハックニーにあるカフェ「スマッシング・キッチン」では、すべてのプラスチックの使用を止めた。つまり、ストローは紙で、持ち帰り容器は厚紙製になった。すべてリサイクル可能である。環境へ少し貢献しながら、美味しい食事を楽しもう。

関連するキーワード