1484view

タイムアウト・トロントが、トロントのおすすめ博物館、美術館を紹介。

カサ・ロマ|Casa Loma

1914年に建設されたヨーロッパ風の城。敷地内には、約250メートルものトンネル、塔、馬小屋、約2万平方メートルもの庭園がある。カナダは比較的新しい国かもしれないが、だからと言って、トロントに城が無い理由にはならない。大富豪ヘンリー・ペラット卿の家だったこの建物は、トロントを代表する城として素晴らしいものだと言える。3階に入っているクイーンズ・オウン・ライフルズ・ミュージアムへ行くまでに、ダウントン・アビーの世界のような城の雰囲気を楽しもう。

pixabay.com

ロイヤル・オンタリオ博物館|Royal Ontario Museum

カナダの文化的、歴史的遺物を幅広く収蔵している博物館。ファースト・ネーションから現代の服飾、そして、恐竜の時代など様々なトピックについて知ることが出来る。 展覧会やイベントを頻繁に開催しているのも魅力。展示スペースが、DJがいて飲食も楽しめるパーティ・スペースへと様変わりする「フライデー・ナイト・ライブ」が、おすすめのイベントだ。

アートギャラリー・オブ・オンタリオ|Art Gallery of Ontario

カナダのアーティストの作品を中心に9万5千点を収蔵している美術館。2008年に行われた拡張工事を担当したのは、カナダ生まれの建築家・フランク・ゲーリー。印象的な建物は、それ自体が彫刻作品のようだ。

By John (JOH_7977) [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

バータ靴博物館|Bata Shoe Museum

世界中の靴を集めた博物館。展示されているのは、古代の靴から、現代のものまで、1万3千足以上。建物の設計は、東京のカナダ大使館の設計などを手がけた日系カナダ人レイモンド・モリヤマによるもの。

By Gisling [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

ホッケーの殿堂|Hockey Hall of Fame

カナダの国民的娯楽であるホッケーをテーマにした施設。スタンレー・カップの展示や、人気選手との対決を体験できるシミュレーションゲーム、ジャージやホッケー関連アイテムの展示などを通して、ホッケーの素晴らしさを知ることができる。

カナダ織物博物館|Textile Museum of Canada

カナダで唯一のテキスタイル専門博物館。世界の200以上の地域から集められた、約2000年前から現在までのテキスタイル関連の人工遺物を1万3千点以上収蔵し、社会における服や布の役割にフォーカスした展示を行っている。毎週日曜日の14時に開催されるツアーに参加するのがおすすめだ。料金は、博物館の入場料に含まれている。

関連するキーワード