517view

タイムアウトローマが、ローマ観光に役立つ、公共交通機関の利用や街歩きに関する小ワザを紹介。

現金は常に持ち歩こう

イタリアは依然として現金が必要な社会。現金は、ローマの街を巡るのに必需品と言ってもいいだろう。小銭は、カフェや小さな店では、特に歓迎される。ほとんどの店舗やレストランでは、クレジットカードでも処理してくれるが、レストランでは、習慣的にクレジットカードでの割り勘に対応してくれないので、何人かで旅行するときは特に、現金を持ち歩いたほうが便利だ。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Images Money

バスのチケット購入には、余裕を持って

ローマの公共交通機関には、不十分な点が多い。しかし、ローマ市内の中心部でバスを利用する必要がある場合、時間に余裕を持ってチケットを購入しよう。バスに乗ってからでは、チケットを買うことが出来ない。バスのチケットは、「T」のロゴを掲げたタバコ屋などで買うことができる。1回の乗車が可能なチケットは1.5ユーロ(約195円)。そのほか、24時間、48時間、1週間チケットといった割引チケットもある。チケットは、ローマ市内の公共交通機関(バス、地下鉄、トラム、近郊鉄道)の全てで共通。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/linssimato

200円で、ビーチまで行く

1.5ユーロ(約195円)チケットは、ローマ近郊鉄道でも使うことができる。近郊鉄道は、ビーチまで伸びている路線もある。例えば、地下鉄ミラミデ駅から、近郊鉄道へ乗ると、ローマのローカルなビーチである、オスティア・リドへ行くことができる。オスティアはローマ周辺で最も魅力的なビーチではないが、交通費を抑え、日差しやシーフードを満喫する日帰り旅行に最適だ。

Photograph: Courtesy CC/Wikimedia Commons/Arnaud 25

かばんを常に気にする

ローマの公共交通機関や主要な観光スポット周辺では常にかばんを気にしよう。ローマは、基本的には安全な街だが、特に混雑したバスや地下鉄では、小規模な犯罪が横行している。
ローマのスリたちは、気が付かないぐらいテクニックがある。彼らのターゲットにならないように、かばんは常に閉じて、前に抱えよう。財布は、上着の内側ポケットに収めておくのが理想だ。

歩きやすい靴を履く

ローマの石畳の通りは、街の魅力のひとつだ。しかし、不均等な石は足を痛めることがある。痛みを防ぐように、快適で歩きやすい靴を持っていこう。もし、ヒールを持ってくのであれば、せめて石畳の溝にハマりやすいスチレットヒールは避けるべきだ。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Cameron Photo

関連するキーワード