505view

タイムアウトクアラルンプールが、マレーシアのローカル“おかずのっけご飯”「ナシレマッ」が美味しいおすすめの店を紹介。

ヴィレッジ・パーク|Village Park

2016年に、タイムアウト・クアラルンプールのフード&ドリンク・アワードでベストマレー料理店に選ばれた店。トップに輝いたのは、首相がこの店で食事をしたという話題性や軽い食感のライスが評価されたのではない。サンバル、パリパリのイワシ、揚げた鶏ももなど、すべてが素晴らしいナシレマッを提供しているからだ。ストリート発の料理をレストランの味に見事に昇華させている。

チョン・コック・コピティアム|Chong Kok Kopitiam

クランに居る時は、郷に従い、クランの人たちのように食べよう。そのためには、具材がぎっしり乗ったナシレマッのあるこの店にいくのがいいだろう。ふわふわのライスの上に、スパイシーなサンバル、揚げたイワシ、ゆで卵などが盛られている。シンプルだが、とても満足できる一品だ。相席になることが多いので、そのつもりで向かおう。もし相席になったら、その人とナシレマッについて語り合うのも面白いだろう。

マリズ・コーナー|Mali’s Corner

観光客にはあまり知られていないナシレマッの店。ルンダンやサンバル・ソトン(シーフード炒め)などの凝ったトッピングをウリにする店が多い中、マリズ・コーナーのナシレマッは、余計なことをしなくても楽しめる。ライスは、ふわふわで香り高く、イワシはパリパリ、サンバルはスパイシーさと甘さのバランスが素晴らしい。そして、メインのおかずである、アヤムゴレン(揚げた鶏肉)も最高だ。

ナシレマッ・アンタラバンサ・カンポン・バル|Nasi Lemak Antarabangsa Kampung Baru

この店は、サンバル・ソトンとパル・ゴレン(焼いた牛の肺)があることで、ナシレマッを軽食としてだけでなく、夕食としても楽しめるものにしている。この店の内蔵料理は、内臓類が苦手でも食べるべきだろう。

ジャラン・セントル・チャイニーズ・ナシレマッ|Jalan Sentul Chinese Nasi Lemak

中華風ナシレマッの楽しみは、種類豊富なおかずに集約される。ドライ・ポーク・カレーは、この店の自慢だ。チキンが、香り高いチキン・ルンダンとアヤム・マサ・メラ(マレーシア風チキンカレー)の2種類から選べるのもいい。そのほか、サンバル・ソトン、エビチリ、目玉焼き、炒めヨウサイ、炒めキャベツ、ランチョンミート、ホットドッグ、フィッシュケーキ 、サンバル・ペタイといった選べないほど多くのおかずがある。

ナシレマッ・タングリン|Nasi Lemak Tanglin

バード・パークの裏にある店。クアラルンプールの人たちには、おなじみの店だが、それでも、偶然見つけた素敵な店で食べているような気分になる場所だ。辛味控えめで、少し甘い味付けが好みであれば、この店のサンバルはきっと癖になるだろう。「もっとライスを」と、言いたくなるはずだ。

ヤティ・ナシレマッ|Yati Nasi Lemak

関連するキーワード