959view

タイムアウト香港が、香港の街で見ることができる、インスタ映えするフォトジェニックなネオンサインを紹介。

65ピール|65 Peel

香港で醸造されているローカル・クラフトビールが飲めるガストロパブ。常に12種類がタップで楽しめる。「鬼佬涼茶」と書かれた壁のネオンや店入り口の店名がとてもフォトジェニックだ。

ハッピー・パラダイス|Happy Paradise

ハッピー・パラダイスは、「茶餐廳」を現代的にしたような店だ。店内では、中華料理をモチーフにしたピンクとブルーのネオンが魅惑的に光っていて、とてもクール。店をプロデュースするのは、リトル・バオのオーナーであるメイ・チョウとシドニーにあった人気「マスター・ダイニング」のオーナーだったジョン・ハビエル。胃だけでなく、目も満たしてくれる。

ロックハート・ロード|Lockhart Road

湾仔の怪しげな一画として知られているが、最近はいくらは健全になってきたようだ。しかし、かつて赤線地帯だった時代を思わせるネオンは今でも煌々(こうこう)と輝いている。MTR湾仔駅の出口A2と繋がっている歩道橋に行くと、最高のアングルでネオンを楽しむことができる。

ピンポン・129・ジントネリア|Ping Pong 129 Gintoneria

スペイン流ジントニックが人気のバー。「乒乓城」(ピンポンの街)と書かれた看板の下にある赤い小さなドアをくぐり、階段を降りると高い天井の空間がある。内装は、古い香港を連想させ、壁には、現代アートが飾られている。しかし、最も存在感を放っているのは、バーカウンター越しに見える「鍛鍊身體(身体を鍛えよう)」のネオンだろう。

スペース・エックス・HK|SpaceX HK

香港の中心地に隠れ家的にあるシーシャとカクテルを楽しめるラウンジ。遊び心があり、モダンなネオンサインは、ソーシャルメディア向けプロフィール写真の背景にぴったりだ。

テンプル・ストリート・ナイト・マーケット|Temple Street Night Market|廟街夜市

日が暮れると、テンプル・ストリートは、ネオン天国となり、商売人たちが、雑貨や電化製品、服、時計、翡翠、骨董品などを並べ始める。ナイトマーケットの反対側にある油麻地停車場(住所:250 Shanghai St)の3階か、4階へ行くと、玉虫色のネオンが輝くマーケットの写真が上手く写真に撮れるだろう。

関連するキーワード