851view

タイムアウト香港が、深水ホ(サムソイボウ)のおすすめスポットを紹介。

アリプ・ストリート|Apliu Street

C2出口からすぐのところにあるアプリウストリートは、香港の最も象徴的なストリートマーケットのひとつ。充電ケーブルからドローンまであらゆる電気製品が売られている。パーツ類もマーケットを少し回れば、5分から10分ほどで必要なものが見つかるだろう。ほかにも、隠れたお宝を探すならオーディオ・スペースという店がおすすめだ。建物の2階にある卸売業者で、オーディオ製品、アンプなどを販売している。映画『インファナル・アフェア』のロケ地としても有名だ。

アルリ・スター・レザー・ファクトリー|Alri Star Leather Factory

A2出口から少し歩くと、幅広い品揃えを誇る素晴らしい革製品専門店がある。1つおよそ550香港ドル(約7,700円)から、もしくはメートルあたり100ドル(約1,400円)から革製品が手に入る。ナイフやタガネ、それに丸ノミなど、革製品を手作りするのに必要な工具もすべて揃う。何から始めれば良いのかわからない場合は、ワークショップに参加するのがおすすめだ。ビギナーでも、素晴らしい工具の正しい使い方を学ぶことができる。

コモン・ルーム・アンド・コー|Common Room & Co

A1出口から5分もかからない場所にある店。ギャラリー、独立系書店、メーカースペース、コーヒーショップがひとつになったコンセプトショップで、ヒップな人たちが集まっている。コーヒー豆はシングルオリジンが揃い、抽出方法はハンドブリューやアイスドリップなどから選ぶことができる。コーヒーを飲みながら、たくさんの本や職人が作った商品のショッピングを楽しもう。

カン・ウー・トーフ・ファクトリー|Kung Wo Tofu Factory

B2出口から通りを渡ると、有名な豆腐プリンの店がある。豆腐プリンは、伝統的なデザートだが、この店のはとても滑らかで、豊かなダイズの香りがする。レトロなテーブルに座って食べることができる、豆腐パフ、揚豆腐を使った料理、自家製無糖豆乳もおすすめ。それらのすべてが、10香港ドル(140円)以下というのも驚きだ。

ラウ・サム・キー・ヌードル|Lau Sum Kee Noodle

D2出口からすぐのところにある人気ヌードルショップ。毎日竹の棒を使い、すべての生地をこねるという手法で麺を作り続けている。香港では、こういった伝統を守る店は少なくなったが、ここは大丈夫そうだ。人気メニューは、干したエビの卵を使ったワンタン麺。深水ホでショッピングを楽しんだ後に、さっと空腹を満たすのにピッタリだ。しかも、麺メニューが、40香港ドル(約560円)以下だというから嬉しい。