1032view

タイムアウトリスボンが、リスボンへの旅行で宿泊するのにおすすめのエリアを紹介。

シアード|Chiado

バイロ・アルトとバイシャ・ポンバリーナに挟まれているエリア。家族連れから、セレブ、旅行者など、誰もが、リスボンで最も有名で愛されているこの界隈を歩いている。全ての道はシアードへ通じていると言っても過言ではないだろう。街の「レッドカーペット」の上を歩いて、内なるプリマドンナを解き放とう。大丈夫、ただ心のままにだ。

バイシャとセー|Baixa and Sé

バイシャ地区とセー地区には、試してみるべきレストランが多くあり、つい夢中になってしまう店や通りも沢山ある。丸一日(あるいはもっと)使って、探索する価値のあるエリアだ。ただし、客引きには気をつけよう。歩きやすい靴を履いて出かけるといいだろう。一日の終わりには、バーの席に座って、テレビでスポーツでもみよう。なぜバイシャが、夕方あたりから飲むのに最高のエリアかがわかるはずだ。

プリーンシペ・レアル|Príncipe Real

プリーンシペ・レアルをそのまま訳すと、「王子」という意味になる。レストラン、バー、ショップ、そしてアートギャラリーがあらゆるところにあり、この地区は王座を狙っているようにも見える。クールなバーで飲んだり、かっこいい店で買い物したり、ちょっと立ち寄って食事をするのに最高の場所だ。この界隈には、メインストリームではないショップ、夜に賑わう店、トレンディーなレストランも集まっている。見るべきもの、やるべきことがたくさんあり、落胆させられることはないだろう。美味しいものが食べたくてリスボンへ旅するのであれば、プリーンシペ・レアルにくれば、世界中の食べ物を味わえる。

アルファマ|Alfama

景観、人々、そして街並が素晴らしい。かつてはリスボンの街の全てだった地区だ。歴史ある都市の中心へと飛び込もう。発展はしたが、首都の心臓部であることは変わらない。絵のように美しい通りを歩き、リスボンの最も奥に隠された歴史を体験しよう。

グラッサとカステロ|Graça and Castelo

探偵になった気分で、小さな別荘を探してみよう。新鮮な魚を食べて、スパークリング・サングリアで乾杯すれば、この街の住民になった気分を味わえるはずだ。その後は、あたりを歩き回り、有名なリスボンの城のひとつを訪ね、周囲をゆっくりと見渡してみよう。これほどポルトガル的なことはないだろう。城の向こうにも見るべきものがたくさんある。

カスカイス|Cascais

リスボンから車で30分ほどの距離にある海沿いの街。様々な魅力があるので、滞在するのであれば、1日もしくは、2日ぐらいかけるといいだろう。カスカイスで楽しめるのはサーフィンと美しい浜辺だけだと思ったら大間違いだ。ここはリスボンでも、本当に面白い。見るべきもの、やるべきことが常に新しく生まれている。イベントも、頻繁に開催されている。新旧織り交ぜて、ショップ、レストラン、バーに行けば、滞在中ずっと退屈しないで過ごせるだろう。カスカイスには、非常に素晴らしいホテルがあるのもポイントだ。