653view

タイムアウトロンドンが、カムデン地区の安くて美味しいレストランを紹介。

アランチーニ・ブラザーズ・ファクトリー・カフェ|Arancini Brothers Factory Café

フレンドリーな雰囲気のカフェ。新鮮な食材で作られる、イタリアのライスコロッケ「アランチーニ」が人気。

行くべき時間:
近くのコンサート「フォーラム」の開演前。サクッと、お腹いっぱいになりたい時にはぴったりの店だ。

おすすめ:
もちろん、店名にもなっているアランチーニ。サラダやシチューと食べたり、トルティーヤにくるむのもおすすめ。

予算:
アランチーニ5個で4.50ポンド(約675円)。サラダボックスやその日のおすすめシチューは、8ポンド(約1,195円)ほど。

ザ・チーズ・バー|The Cheese Bar

伝説的人気を獲得したフードトラック「チーズ・トラック」の実店舗。バーレスククラブの下階にあるバーのような空間で、ラクトチーズをまとったサンドイッチを出している。

行くべき時間:
二日酔い明けにおすすめ。カムデンマーケットへ行った時にひと休みしてもいいだろう。


おすすめ:
はみ出るほどチーズが使われたサンドイッチと、リコッタを使ったメニューがおすすめ。インスタ映えを狙うなら、ブルーチーズ、マルメロ、はちみつなどを使ったサンデーも外せない。

予算:
グリルド・サンドイッチは、6.50ポンド(約970円)から。カリフラワーチーズなどプレートメニューは、7ポンド(約1,045円)から。サンデーは、5.50ポンド(約820円)。

フック|Hook

タラにはパン粉をまぶし、ポテトには海苔と塩で味付けするなど、新しいタイプのフィッシュ・アンド・チップスが楽しめる店。環境にこだわったサステナブルな食材を利用している。

行くべき時間:
仕事後の食事や、週末のランチにおすすめ。素早く提供されるので、テイクアウトもおすすめだ。

おすすめ:
フィッシュ・アンド・チップスの固定概念は捨てよう。好みの魚を、マレーシア・カレー風味のパン粉を衣にして揚げてもらい、スパイシーなパイナップル・ジンジャーソースで食べるのがおすすめだ。放し飼いの鶏を使ったメニュー、タコスやフィシュ・サラダも美味しい。

予算:
パン粉を使ったフィッシュ・アンド・チップス(自家製タルタルソース添え)は、10ポンド(約1,466円)だ。これを頼んでおけば十分だろう。

マ・プティット・ジャマイカ|Ma Petite Jamaica

レゲエがかかっている中、ラムを使ったカクテル、ジャーク・チキンウィング、
レッドトライプを生で楽しめる店。

行くべき時間:
毎日あるハッピーアワーの時間帯(17時〜19時、22時〜23時)がおすすめ。

おすすめ:
ソルト・フィッシュ・フリッター、BBQスペアリブ、ジャークチキン、そしてもちろん、
ライス・アンド・ピーズだろう。

予算:
ジャーク・ピットで焼かれたチキンの1/4カットとライス・アンド・ピーズで8.50ポンド(約1,270円)。フリッター、チキンウィング、スペアリブの単品はもっと安く食べることができる。

セト|Seto

かつてソーホーにあった家族経営のラーメン食堂。カムデン・ロック近くの静かな場所へ移ってきた。

関連するキーワード