980view

タイムアウトシドニーが、シドニーへの旅行で宿泊するのにおすすめのエリアを紹介。

チッパンデール|Chippendale

かつては工業地帯だったが、今は、ヒップな場所として注目されているエリア。そう広くはなく、セントラル駅がすぐ近くなので、バス、電車、ライトレールでのアクセスが便利だ。1キロ四方のなかに、シドニーの人気レストランが軒を連ねている。デザインホテルが多く集まっているので、シドニーの滞在をスタイリッシュに楽しみたい人にはおすすめのエリアだ。

ボンディ|Bondi

シドニーで最も有名なビーチがあるエリア。活気に溢れ、浜辺では、おしゃれで、クリエイティブな人たちが、日焼けやスポーツをしたり、食事を楽しんでいる。注意しなければならないのは、ボンディと街の中心部の間の道路が混雑していることだ。定期運行しているバスがあるが、天気が良い日の帰宅時間帯の混雑は特にひどく、ボンディからシドニーの中心部まで、40分もかかる時もある。ボンディに滞在するのであれば、ボンディだけを楽しむというほうが良いかもしれない。

ダーリンハースト|Darlinghurst

毎年3月にシドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラが開催される場所として知られているエリア。都心部にあるが、緑も多いゲイコミュニティーで、キラキラしている雰囲気に満ちている。周辺は歩いて見て回るのに適していて、港までは徒歩20分ほど行くことができるので、散歩好きの滞在場所としておすすめだ。公共交通機関へのアクセスも良い。

マンリー|Manly

シドニー郊外にあるが、避暑地のような雰囲気のするエリア。サーフショップ、ファストフードの店、観光客向けの安ものを売っているような店が並んでいる。シドニーの中心街までは、フェリーで30分ほど。便利で眺めも良い。

ザ・ロックス|The Rocks

シドニーでも古いコミュニティのひとつ。可愛らし砂岩の道と、目がまわるほどの丘は、地元の人でも行きづらい。湾を背にした景色からは、植民地だった時代や、かつて労働者階級のコミュニティがあったことなど、歴史の一場面も感じられる。近年このエリアのレストランシーンは改善され、カンザス・シティー・シャッフル(Kansas City Shuffle)などのおすすめの店も増えている。それでも、もの足りないと感じた時は、CBD地区や、ストリーツ・オブ・バランガルー(Streets of Barangaroo)へ行くといいだろう。どちらも、徒歩20分の距離だ。

ニュータウン|Newtown

シドニーの西側にあるエリア。音楽ヴェニューが多く、ドレッドヘアの若者が、ポートランドかのごとく「ニュータウンを変なままにしておこう(Keep Newtown weird)」といったメッセージを掲げているのを見かけるような場所だ。さらに、レストランシーンが盛況なエリアとしても知られている。高級レストランからカジュアルな店、ベジタリアンからタイ料理まで、あらゆるニーズに対応する店が揃っている。

パーム・ビーチ|Palm Beach

関連するキーワード