728view

タイムアウト香港が、香港観光に役立つ、公共交通機関の利用や街歩きに関する小ワザを紹介。

オクトパスカードを手に入れる

香港のプリペイドカード「オクトパス」は、MTR、バス、フェリー、トラムといったあらゆる公共交通機関の支払いに便利だ。それだけではない。多くの店やファストフード店、自動販売機でも使用可能だ。香港のあらゆるシーンで、スムーズな支払いをするため、常にチャージをしておくのがおすすめだ。オクトパスカードが、いよいよタクシーで使えようになるという計画もある。さらに便利になりそうだ。

タクシードライバーへ行き先の伝え方

香港のタクシードライバーたちは、気まぐれな人が多い。特に、目的地が反対側の島の場合、行きたがらない人が多い。しかし、タクシーへ乗り込み、少し進んでしまったあと、行き先を言うようにすれば大丈夫だ。さすがのドライバーたちは、「ノー」とは言わないだろう。

スターフェリー|Star Ferry

スターフェリーは、九龍島と香港島の間を移動するための最速で手頃な方法だ。九龍島の尖沙咀(チムサーチョイ)から、香港島の中環(セントラル)もしくは、湾仔(ワンチャイ)まで、10分弱で結ぶ。ビクトリア・ハーバー上で海風とリラックスした雰囲気を感じながら、香港らしい風景を楽しめるのが素晴らしい。フェリーに乗り込んだら、最前列を陣取って、写真を撮る用意を。

MTRのラッシュは避ける

香港のMTRがいくら有能で、整然と運営されていたとしても、ラッシュ時には地獄にように混乱する駅はある。平日の朝の7時から9時半、夕方の17時から19時は、MTRの利用を避けるか、少なくとも金鐘駅のような主要駅は利用しないのが得策だろう。

ピークへはタクシーで行く

香港で景色が美しい交通手段の1つがピークトラムだ。イギリスに統治されていた時代からある名所で、毎日何百回も往復を繰り返し、観光客をヴィクトリア・ピークへ運んでいる。このケーブルカーはとても人気があり、待ち時間が2時間近くになることもある。この待ち時間を避ける簡単な方法は、ピークまでタクシーで行くことだ。料金は約80香港ドル(約1,150円)。ピークでたくさん写真を撮ったら、帰りは、景色を楽しみながら、歩いて下りるのがおすすめだ。

高架歩道を見つける

建築物が密集し、高架の高速道路が多く、道を横切れないようにしている柵が多い香港は、街の作りを理解していないと歩きづらいだろう。すぐそこのはずなのに、5車線もある幅広い高速道路があるために、行くすべがないということはよくあるだろう。解決方法としては、高架歩道を見つけるのがベストかもしれない。例えば、ミッドレベルエスカレーターも、多くの高架歩道と繋がっている。高架歩道を見つけたら、できるだけ利用するべきだ。これが、香港を最もシンプルに歩きまわる方法と言えるだろう。いくつかの高架歩道は、モールを通り抜けている。歩いているあいだに、買い物も済ませてしまえるかもしれない。

関連するキーワード