698view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスへの旅行で宿泊するのにおすすめのエリアを紹介。

ヴェニス|Venice

ビーチ沿いの地区。長らく、ボヘミアンの聖地として知られてきた。しかし、最近は、いいか悪いかは別として、テクノロジー会社が拠点を構えたり、新しい世代の料理人たちが店をオープンしている。そういった動きから、「ニューエイジ」な雰囲気を感じるハイエンドなエリアとして注目されている。多くの見どころは、ヴェニス・ブルバードが切れるところにある遊歩道「ヴェニス・ボードウォーク」周辺に集まっているが、おしゃれなブティックや、カジュアルでも良質な食事を求めるなら、アボット・キニー・ブルバードへ行くのがおすすめ。ローズ・アヴェニュー沿いには、最近、落ち着いた雰囲気で食事ができる店が増えている。ヴェニス周辺は、電車は通っていないが、交通局がシェアサイクルサービスを提供している。

ウエスト・ハリウッド|West Hollywood

Photograph: Courtesy CC/Wikimedia/MikeJiroch

並木道があり、看板に覆われた高層ビルやショッピングセンターが立ち並ぶエリア。ハリウッドらしい華やかさを最も感じられるエリアだ。ウェスト・ハリウッドと言えばサンセット・ストリップが有名だが、それだけでなく、南カリフォルニアでも有数のナイトライフ・シーンがある地域としても知られている。ウェスト・ハリウッドまでは車で行く必要があるが、サンセット・ブルバードの有名クラブやサンタモニカ・ブルバード沿いのゲイクラブは、徒歩でも巡ることができる。

コリアタウン|Koreatown

ロサンゼルスの中心部にあるエリア。かつては、アール・デコ建築ブームが生まれたエリアだったが、今では、人が多く、エキサイティングで眠らない韓国街になっている。韓国焼肉からカラオケ・バーまで多くのヴェニューがエリア全体にあるが、ウィルシュア・ブルバードのバーモント・アヴェニューからウェスタン・アヴェニューの間が、メインの一画と言える。6thストリート沿いにも、レストランやバーが密集している。コリアタウンへ行くには、駐車場所を探す苦労を避けるため、そして、ソジュを楽しむために、地区内にいくつかの駅がある地下鉄のパープルラインを利用するのがいいだろう。

ロスフェリッツ|Los Feliz

この地区の北部は、緑の丘陵になっていて、天文台で有名なグリフィス・パークがある。平野部であるヒルハースト・アヴェニューとバーモント・アヴェニュー沿いには、ショップやレストランが数多くある。このあたりには、ハリウッドより居心地がよく、シルバーレイクやエコパークより気取ってないヴェニューが多い。ロスフェリッツの南の端には、地下鉄のレッドラインの駅があり、天文台へのバスもその駅から出ている。

アート・ディストリクト|Arts District

ロサンゼルスで最も注目されているエリア。元々はダウンタウンの一画の倉庫街だった。しかし、地元アーティストが拠点を置きだしてから、コーヒーショップ、オーダーメイドのブティック、こだわりのバーやレストランが続々オープンし、賑わっている。ただ、メジャーなエリアになったとは言い難いかもしれない。公共の交通手段では少し行きにくく、週末などは駐車場も混んでることが多い。エリアの西端にメトロのゴールドラインの駅があり、そこからであれば、アート・ディストリクトの中心地であるサード・ストリートとトラクション・アヴェニューの交差点まで徒歩で行くことはできる。ホテルの開発は、まだあまり進んでない。このエリアへの宿泊は、民泊サービスを利用するのが便利だろう。

関連するキーワード