2394view

タイムアウトロサンゼルスが、金曜日から日曜日までの48時間を使って、ロサンゼルスを楽しむ方法を紹介。

サンセット通りにあるコメディークラブは忘れて、ハリウッドにある「アップライト・シチズンズ・ブライゲイト劇場(Upright Citizens Brigade Theatre)」へ行こう。テレビの人気スターやコメディアンたちが出演する小さな劇場で、しかも安く観れるヴェニューだ。初心者には、劇場の人気シリーズ「アスカット(ASSSSCAT)」がおすすめ。早めにチケットをおさえて、UCBフランクリンで土曜日の会を観るか、もしくは、UCBサンセットの日曜日の無料上演を観てもいいだろう。

土曜日の深夜

深夜に何か食べたくなったら、タコ・ゾーン・トラックへ行こう。金曜日と土曜日は27時までオープンしているメキシコ料理のフードトラックだ。メニューにはブリトーからケサディーヤまであるが、それらを特別にしているのが、サルサだ。タコスを追加するのがおすすめ。夜でも、並ぶ人気店だ。この店は、現金のみなので、必要であれば、事前にATMへ寄っておこう。

日曜日の朝

ロサンゼルスで、ゲティ・センターほど素晴らしい立地を誇る美術館は無いだろう。ゲティ財団が持つ驚異的なコレクションを収蔵するために建てられた、まさにアクロポリス(高い山の上の都市)だ。修道院建築と近未来的建築が融合したような建造物は、ダウンタウンから海までロサンゼルス盆地一帯を見渡せる美しい景色を切り取り、引き立てている。

日曜日の昼

海岸線のパシフィック・コースト・ハイウェイを通って来たので、マリブ・シーフードは見逃せない。海沿いの辺鄙なところにある店だが、超新鮮なシーフードを使った料理とテラスからの眺めのために訪れる価値は十分にある。近くにあるネプチューンズ・ネット(Neptune’s Net)ほど、華やかではないが、料理は、フレッシュで、味わい深い。

日曜日の午後

チーズが混雑しているベニスやサンタモニカはスキップして、マリブへ向かおう。移動の時間は多少必要だが、ポイント・デュムまで行けば、混雑がない、ゆったりとしたビーチを楽しむことができる。岩登りで汗をかく、もしくは、崖の上を散歩するのもいいだろう。駐車スペースから砂浜までは、ほんの少しの距離しか無い。レンタカーを借りて、ピクニックの準備をして向かう目的地として完璧だ。アザラシとイルカが、夕陽を背景にしてふわふわと浮かぶ姿も見られるかもしれない。食べ物を取られないようにお腹を空かせたカモメには気をつけて。

関連するキーワード